ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年のF1復帰のチャンスは潰えた」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1復帰する最後のチャンスが潰えたと認めており、F1キャリアは終焉を迎えることになるそうだ。

2シーズンF1から離れているニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にフルタイムでのF1復帰を狙っていた。そして、ヒュルケンベルグの最高のチャンスは過去に所属したウィリアムズに復帰することだと見なされていた。

しかし、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスに移籍した後、ウィリアムズは2022年のドライバーとしてアレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィを起用することを発表。そのオプションは今週なくなった。

アルファロメオにも最後の希望がまだ1つ残っているが、メルセデスが支援するニック・デ・フリース、アルピーヌF1の育成ドライバーである周冠宇、ザウバー育成のテオ・プルシェイアといったチームが支援する若手が多数おり、チームもバルテリ・ボッタスのパートナーとして若いドライバーを選ぶ可能性が高いようだ。

ニコ・ヒュルケンベルグは、現在、アルトンマーティンF1の公式リザーブドライバーを務めており、昨年チームがレーシング・ポイントとして知られていたとき、新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレスとランス・ストロールはの代役として合計3レースに出場した。

まだ、セバスチャン・ベッテルが2022年もF1を継続するかどうかは正式には発表されていないが、ニコ・ヒュルケンベルグは自分にとってすべてのドアは閉ざされていると考えている。

「アルファロメオとは交渉していない」とニコ・ヒュルケンベルグは Bild に確認した。

「他のすべてが埋まった後、それが2022年のパーマントシートの最後の選択肢だったと思う」

「人生は続く。他のモータースポーツシリーズからもエキサイティングなリクエストがあるのでで、急いで決断する必要はない。すべてを整理して、どうなるか見ていくつもりだ」

今年7月、ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1シートを獲得できない場合、「僕にとってF1の章は閉じられる」と語っていたが、それが今、現実のものになっているようだ。

ニコ・ヒュルケンベルグにとって、2015年にル・マン24時間レースで優勝した耐久レースの世界が自然な次のステップのように見えるが、マーカス・エリクソンやロマン・グロージャンに続いてインディカーに向かう可能性も残っている。

8月初旬には、ニコ・ヒュルケンベルグが、エド・カーペンター・レーシングと、ロード/ストリートコースのレースに参戦するための交渉が始まったと報告されていた。

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1キャリアで521ポイントを獲得したものの、表彰台を獲得することはできておらず、179戦という望ましくないF1表彰台未登壇記録を保持している。

ウィリアムズ所属時の2010年のF1ブラジルGPではその記録をストップするチャンスはあった。雨の影響を受けた予選セッションでポールポジションを獲得したが、レースで8位でフィニッシュした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / アストンマーティン