ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1のリザーブは選択肢ではなかった」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年のF1世界選手権のためにレッドブルのリザーブドライバーになることは“決して選択肢ではなかった”と語った。

実際、ニコ・ヒュルケンベルグは、メルセデスF1のワークスチームのリザーブドライバーとして契約し、カスタマーであるアストンマーティンとマクラーレンにリザーブドライバーも兼任する可能性があると報じられている。

33歳のニコ・ヒュルケンベルグは、最終的にセルジオ・ペレスが勝ち取ったレッドブル・レーシングのレースシートを実際に追い求めていたことを認めた。

「もちろん、私はレッドブルのためにドライブしたかったし、それを否定する必要はない」とニコ・ヒュルケンベルグは ServusTV に語った。

「でも、もうその可能性はなくなった。最終的には彼らの決定だった」

また、ニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブルF1のリザーブドライバーになることは考えなかったと語る。

「それは決して選択肢ではなかった」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「その年の終わりは、レースシートがすべてだった。でも、誰もが知っているように、それはチェコの元にいった」

「レッドブルはすぐに(アレックス)アルボンがリザーブドライバーになると言ったので、他チームからアプローチを受けた」

レースシートを獲得できなかったニコ・ヒュルケンベルグだが、今のところF1に完全に集中していると語る。

「僕にとっては、F1とその周辺にとどまり、2022年を見据えて、巡ってくる機会をつかむことが重要だ」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / レッドブル