ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデスとアストンマーティンのリザーブを兼任? / 2021年のF1世界選手権
ニコ・ヒュルケンベルグは、2つの異なるチームと契約を結んでリザーブドライバーとして2021年にF1パドックに戻ってくる可能性が報じられている。

33歳のニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にエステバン・オコン加入のスペースを開けるまでルノーF1チームでレースをしていた。昨年はレギュラーシートを失ったヒュルケンベルグだが、非常に短い通知でレーシング・ポイントで3回のレース出場を果たした。

セルジオ・ペレスが新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したシルバーストンでのイギリスGPでは技術的な問題によってスタートできなかったが、連戦で行われた70周年記念GPでは7位入賞。ランス・ストロールが体調不良で欠場したニュルブルクリンクで開催のアイフェルGPでは8位入賞を果たしている。

レーシング・ポイントは、今年からアストンマーティンF1へとブランド変更したが、再び必要になった場合に備えて、2021年のリザーブドライバーとしてニコ・ヒュルケンベルグを正式に任命する予定だと報じられている。

昨年、レーシング・ポイントは、シーズン中に代役ドライバーが必要になった場合に備えて、エンジンサプライヤーのメルセデスF1のリザーブドライバーを起用することができた。

しかし、ストフェル・バンドーンがフォーミュラEに参加し、2番目のリザーブであるエステバン・グティエレスがF1スーパーライセンスポイントを再取得していなかったため、チームは代わりにスクランブルでニコ・ヒュルケンベルグを招集しなければならなかった。

今年、メルセデスF1は、ストフェル・バンドーンに加えて、エステバン・グティエレスに代えてニック・デ・フリースをリザーブドライバーに起用したが、二人ともメルセデスのフォーミュラEチームからフル参戦している。

つまり、アストンマーティンF1は、ランス・ストロールまたはセバスチャン・ベッテルのいずれかがレースに出場できない状況に陥った場合、メルセデスF1のリザーブを借りるにしても、日程によっては再びリザーブドライバーが不在ということになる。

また、ルイス・ハミルトンやバルテリ・ボッタスがレースに出場できないことが判明した場合、メルセデスもリザーブドライバー不在の状況に陥る可能性がある。F1サヒールGPの前にハミルトンが新型コロナウイルスの陽性反応を示した際、チームはバンドーンではなくウィリアムズF1のジョージ・ラッセルを代役に起用している。

その結果、アストンマーティンF1が、ニコ・ヒュルケンベルグを利用できるようにする取引は、メルセデスが必要に応じてリザーブドライバーで彼を呼び出すことを可能にする条項が盛り込まれる可能性があると報告されている。

メルセデス W12の公式発売時に、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフがニコ・ヒュルケンベルグに言及したことで、この憶測はさらに重要視されている。

「ニコ(ヒュルケンベルグ)は、トップチームのためにドライブする最後のチャンスをどういうわけか得られなかったトップドライバーの一人だ」とトト・ヴォルフはコメントした。

「我々は皆、彼に何ができるかを知っている。チームにそのようなリソースを持っていることはもちろん興味深い。したがって、我々はそれについてオープンだ」とし、ヒュルケンベルグの将来の関与についての決定はすぐに行われるだろうと付け加えた。

「問題はいつ決定が下されるかではなく、いつ発表されるかだ」とトト・ヴォルフは語った。

一方、ニコ・ヒュルケンベルグ自身は2022年シーズンのF1へのフルタイムでの復帰をあきらめていない。

「F1にとどまりたいし、2022年の恒久的なコックピットを見つけようとしている」とニコ・ヒュルケンベルグは先月 GQ に語った。

「今年何が起こるか誰が知っている? 僕はF1で良い10年を過ごした。そして、僕は際どいところで続けたいタイプの人間ではない」

ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年シーズンについてF1チームと話し合ったが、「うまくいかなかった」とし、グリッド上で「ただそこにいる」ことは望まないため、バックマーカーチームからのオファーは断ったと語った。

「比較的早くに再び先を見据え、未来に再び焦点を合わせ、自分自身をコントロールし、影響を与えることができることに集中した。他のすべては時間とエネルギーの無駄だ」

「意図的にノーと言った。そして、僕はこのタイムアウトは個人的に非常に歓迎された時点にあった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / メルセデス / アストンマーティン