ニコ・ヒュルケンベルグ、レッドブルF1移籍の状況は「非常に静か」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年にレッドブル・ホンダのF1シートを獲得する可能性について、状況は“非常に静か”になってきていると語る。

アレクサンダー・アルボンが、シートを維持することを十分に証明できない場合、ニコ・ヒュルケンベルグはセルジオ・ペレスとともに2021年のレッドブル・ホンダF1のドライバー候補として名前が挙げられている。

レッドブルの ServusTV チャンネルに出演にしたニコ・ヒュルケンベルグは、最近契約にサインしたのは新しい住宅ローンだけだと冗談交じりに語ったが、F1の将来についての話についてスローダウンしていると語った。

「もちろん、将来的には良いリターンを期待しているど、他に報告することは何もない」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「現時点では非常に静かだ。報道も少し落ち着いてきているし、実際に最終的に明確になるまでにはしばらく時間がかかると思う」

今年、レーシング・ポイントで代役として出場したレースでのパフォーマンスでレッドブル・ホンダのドライバー候補となったニコ・ヒュルケンベルグは、まだ多くのチームと連絡を取っているが、動きは遅いと語る。

「多くのチームすでに確定している。カードは配られている。僕には2回のチャンス(レース)があったし、できる限りうまくそれを使ったと思う」

「いずれにしろ今はアクティブに関わってはいないけど、もちろん重要な人々と連絡を取り合っている。でも、今は毎週ではないし、毎日でもない」

いつ決定が下れることを期待しているかと質問されたニコ・ヒュルケンベルグは「成り行きに任せている。かなりリラックスしている。僕の手のなかにはないことだからね」とコメント。

「そういうわけで、僕はいわばスタンバイ状態だ。もちろん、カムバックできるチャンスがあることを願っている。僕はとてもやる気があるし、やりたいと思っている。でも、最終決定が下されるまで、少しの忍耐が必要だ」

ハースF1はまだラインナップを発表していないが、レッドブルは、もう2021年のF1シートがすべて埋まっていることを示しており、シーズンが終わるまでアレクサンダー・アルボンに固執するかどうかの最終決定を下す予定としている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、今のところ自分にできる唯一の選択肢は、土壇場でレース連絡を受けたときに準備ができているようにフィットネスを保っていることだと語る。

「それがオープンだったとしても、いずれにしろ完全に予測不可能だ」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「最後の2回は非常に自然発生的に起こった。もちろん、毎週末に何かが起こるとは思っていないし、期待もしていない。でも、もちろん、それは起こり得ることだ」

「現時点で僕たちは状況がどれほど予測不可能であるかを分かっている。だからこそ、僕はシンプルに自分自身の体調をキープして準備をしていなければならない。そうしているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / レッドブル / ホンダF1