ヒュルケンベルグ 「フェルスタッペンのチームメイトを務める自信はある」 / レッドブル・ホンダF1移籍に期待
ニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブル・ホンダF1でマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めるという任務を遂行できる自信はあると語る。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルから愛されている絶対的なナンバー1ドライバーだ。チームはフェルスタッペンを中心に構築されているが、レッドブルの使命であるF1ワールドチャンピオン獲得という目標を実現させるには強力なセカンドドライバーが必要となる。

今年、アレクサンダー・アルボンは“中の上”から抜け出すことができておらず、2021年にニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスが後任候補として挙げられている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンがまだ期待に応えるようなパフォーマンスを発揮できていないことを認めるが、アルボン以外にマックス・フェルスタッペンの0.3秒以内に近づけるドライバーはいないとも考えている。

だが、ニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブル・ホンダF1でマックス・フェルスタッペンの0.3秒以内につけることはできると考えている。

「非常に良い日にはそれができると思う。マックスは絶対的なキラーであり、純粋なスピードでは最速ではないにしろ、最速のひとりだ」とニコ・ヒュルケンベルグは Motorsport-Magazin にコメント。

「だからこそ、彼のチームメイトを務めるのは大変な仕事だけど、僕はそれをトライしていみたい。彼と競争したいと思っている。それが実現するかどうかを待つ必要があります」

現在、まだドライバーラインナップを確定していないアルファロメオとハースのF1シートは競争率が高く、フェラーリのジュニアドライバーがドアをノックしている。特にミック・シューマッハに関してはアルファロメオでのF1デビューは当確だと考えられている。

したがって、ニコ・ヒュルケンベルグの唯一の選択肢はレッドブル・ホンダF1しかないように思われる。

「マシンを見れば、それが僕の最良の選択肢であり、最も魅力的な選択肢でもある。最も競争力のあるマシンだ」と先週末のF1アイフェルGPにレーシング・ポイントF1から急遽代役参戦して8位入賞を果たしたニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「今年、僕はシーズンを通して参戦していないけど、僕のレースは少しは印象的だったんじゃないかな」

「先週末、人々の記憶をリフレッシュできたと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン