F1 ニコ・ヒュルケンベルグ、アルファロメオF1移籍の可能性も絶たれる?
アルファロメオ・レーシングは、2020年もアントニオ・ジョビナッツィの残留を示唆。ニコ・ヒュルケンベルグがF1シートを獲得できない可能性は高まった。

今季限りでルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグは、一時はロマン・グロージャンの後任としてハースに移籍する可能性が高いと言われいたが、ハースは2020年もロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのラインナップを継続することを発表。

実際にはニコ・ヒュルケンベルグがハースへの移籍を断ったとも言われている。

現在、2020年のシートはほぼ固まりつつあり、ニコ・ヒュルケンベルグが移籍する可能性として残されているのはアルファロメオ・レーシング、もしくはウィリアムズだけだと考えてられている。

しかし、ウィリアムズは、ロバート・クビサの後任として現在リザーブドライバーを務めているニコラス・ラティフィを昇格させる可能他性が高いと考えられており、現実的な選択肢は、アントニオ・ジョビナッツィの後任としてアルファロメオ・レーシングに加入するだけだとされている。

今季、アルファロメオ・レーシングでF1フル参戦を果たしたアントニオ・ジョビナッツィは、シーズン序盤に成績を残すことができず、キミ・ライコネンに大きな差をつけられていた。それによってシート喪失の噂も伝えられており、ドライバーとしての実力はニコ・ヒュルケンベルグの方が上だとも考えられているが、ジョビナッツィにはエンジンを供給するフェラーリの契約ドライバーという政治的な一面もある。

しかし、アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァースールは、近いうちにアントニオ・ジョビナッツィの残留を発表することになる可能性が高いことを示唆した。

「かなり近いうちに決断を下すことになるだろう。だが、正直なところ、前回のレースに目を向ければ、アントニオが非常にいい仕事をしていると私は考えている」とフレデリック・ヴァスールはコメント。

「彼はここ6~7戦の予選でキミと互角の結果を残してきている。ソチでは彼の方が上だった」

「アントニオは良い仕事をしているし、彼は改善しつつある。私も彼のことを非常に信頼している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / アルファロメオ・レーシング