F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、今年がF1シートをキープするに値することを証明するためのラストチャンスになる可能性があるというパドックの噂に驚いていはいないと語る。

31歳のニコ・ヒュルケンベルグは、2010年にウィリアムズでF1デビューして以来、166戦に参戦しているが、その9年半の間にまだ表彰台に上がることができていない。

ニコ・ヒュルケンベルグは、今年でルノーとの契約が満了を迎え、2020年はエステバン・オコンにシートを奪われる可能性も報じられている。

「適切なタイミングで、適切なクルマ、適切なチームとともに適切な場所にいる必要がある」とニコ・ヒュルケンベルグはF1公式サイトにコメント。

「残念ながら、僕のキャリアにおいてタイミングは完璧ではなかった。僕はそのスイートスポットにいたことは一度もない」

「もちろん、自分の名前をレース勝利者やチャンピオンシップに刻むことを望んでいた。でも、当然ながら、僕たちはF1でそれがどのように機能しているかはわかっている」

今年、ルノーF1チームでダニエル・リカルドを新しいチームメイトに迎えたニコ・ヒュルケンベルグは、10戦中4レースでポイントを獲得しているが、ベストリザルトはオーストラリアGPとカナダGPでの7位と低迷している。

現状ではダニエル・リカルドがわずかに優位にたっており、F1でのニコ・ヒュルケンベルグの時間は終わりを告げることになるかもしれないと囁かれている。

推測について質問されたニコ・ヒュルケンベルグは「実際に僕がこれを聞いたのは初めてのことだ。でも、驚いてはいない」とコメント。

「僕たちは非常にパフォーマンス志向のスポーツとビジネスにいるし、それは普通のことだ。パフォーマンスを発揮できなければ、自分が知るよりも早く追い出されてしまうものだ。だから、まったく心配も驚きもしていない」

「自分自身に対する期待は非常に高いし、もちろん、チームの期待も高い。彼らは理由があって僕を雇っているわけだし、もちろんドライバーとして結果を出さなければならない」

ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーF1チームが3強チームに挑戦できるようなハードウェアを提供することを切望しているが、それは簡単には実現しないかもしれないと認める。

「保証されてはいない。何も保証されていない」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「確かにたくさんの投資が行われ、多くの作業が行われてきた。今は施設はかなり異なっているし、はるかにスピードを上がっている。ファクトリーではあらゆるインフラが整い、さらに多くの人々が働いている」

「チーム運営全体が成長している。過去24ヶ月間にたくさんの良いことが起こっている。僕たちは今、良い基盤を持っていると感じている」

「でも、それを実際に証明する必要がある。僕たちは仕事を完了させる必要がある。僕たちは長い道のりを進むことができると確信している。どれくらいか? 時間だけがわかることだ」

「結局のところ、僕は良い場所、幸せな場所にいる。もちろん、もっと良くしたかったけど、大きな後悔も過去についての苦い考えもない」

2015年にル・マン24時間レースを制しているニコ・ヒュルケンベルグだが、新しい居場所を探さなければならない場合、耐久レースではなく、F1で探すことになるだろうと語る。

「2010年に最初のシーズンを開始したとき、僕の目的と意図はF11で長く良いキャリアを築いていくことだった」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「今もまだ良いキャリアを築いていると思っている。本当にベストを尽くしてきたと感じているし、しばしば持っているマテリアル以上のパフォーマンス以上を発揮してきたと思っている」

「レースに勝てるクルマを持っていない場合、それがほぼ自分にできるベストなことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー