ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー F1
ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーの信頼性不足は“容認できない”と述べた。

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1メキシコGPをパワーユニットのトラブルにおりリタイア。ワークスルノーだけでなく、ルノーのカスタマーユニットを搭載したレッドブルとトロ・ロッソもパワーユニットの故障によりリタイアに追い込まれている。

優勝したレッドブルのマックス・フェルスタッペンでさえ、パワーユニットの故障を懸念しながらの慎重な走行が要求された。

「多くのドライバーに問題が発生していたし、それは僕たちはナーバスにさせた」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「ダニエル、そして、トロ・ロッソもリタイアしていた。『何てことだ。僕には起こらりませんように』と思っていたよ」

ダニエル・リカルドも「僕たち何人かにとって身の毛のよだつ週末だった」と同意する。

ルノーのドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグは、電気ショックを避けるために両足で故障したルノーのマシンから飛び降りなければならなかった。

「このようなことは自動車メーカーには起こってはいけない」とニコ・ヒュルケンベルグは Bild にコメント。

「容認できない。僕たちは十分ではない」

ニコ・ヒュルケンベルグにとっては、今シーズン6回目のリタイアとなった。

「全員が起こっているし、フラストレーションを抱え、落胆している」とニコ・ヒュルケンベルグは Auto Motor und Sport にコメント。

「僕たちはなんとかして来年にむけてそれをコントロールできるようにする必要がある」

「今年はダメージを受けたが、信頼性は2018年にむけての僕たちの第一の宿題だ。そうでなければ、最速のマシンを持てたとしても何の役にも立たない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー