ホンダF1 「エンジン開発ではフェルスタッペンのフィードバックを重視した」
ホンダF1は、エンジンを供給した他のドライバーよりもマックス・フェルスタッペンからのフィードバックを開発において重視したと明かす。

マックス・フェルスタッペンは、劇的で物議を醸したF1アブダビGPのファイナルラップでルイス・ハミルトンを獲得して自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得し、ラストイヤーのホンダF1にタイトルをもたらした。

2021年シーズン限りでF1から撤退するホンダにとって、トロロッソ/アルファタウリに4年間、レッドブルに3年間のエンジン供給を終えるには理想的な去り際となった。

2022年の開発を前倒しして2021年に持っているすべてを投入して新型F1エンジンを開発し、それ以上の機会がないことを知っていたホンダF1は、パフォーマンスをどのように改善できるかを見極めるために、レッドブル・レーシングとアルファタウリの4名のドライバーからの意見を歓迎した。

だが、ホンダF1は、提供された情報のクオリティに関して、アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅、そして、レッドブル・レーシングのチームメイトであるセルジオ・ペレスよりも、マックス・フェルスタッペンのフィードバックを重視した。

「マックスのスポーツにおける成果については何も言う必要はありません。それらは我々にとっても今までに例のないものです」と山本雅史はオランダのMotorsportに語った。

「しかし、スポーツの成果だけではなく、彼のフィードバックも我々にとって非常に重要でした」

「彼は非常に速いドライバーであり、その能力のある人からの詳細なフィードバックは我々の開発を加速させました。4人のドライバーすべてが貴重なフィードバックを提供しましたが、マックスは特にそうだった」

公平を期すために、少なくともその点ではセルジオ・ペレスと角田裕毅にはハンデがあった。

セルジオ・ペレスは2021年にレッドブル・レーシングで最初のシーズンを迎えたが、マクラーレンとフォースインディア/レーシングポイントでの過去8回のキャンペーンでメルセデスのF1エンジンで戦っており、ホンダのF1エンジンは初体験だった。一方、角田裕毅はF3とF3をわずか1シーズンずつ経験しただけでF1デビューを果たしている。

山本雅史は、レッドブル・パワートレインズにとっての“移行期”についても語り、ホンダF1は、エンジンプログラムへの完全な以降をスムーズに行うためにサポートを続けていくと述べた。

「レッドブルとアルファタウリの最高のパフォーマンスを確実にサポートしますが、関係は異なります」と山本雅史は語った。

「もちろん、それは挑戦ですが、チームとしてのレッドブルがさらに統合された方法で働きたいと望んでいることも事実です。すべてを社内で生産することで、それが可能になります。ホンダとして、彼らができるように支援したいと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン / アルファタウリ