ホンダF1 山本雅史MDが語る 「特別デザインのF1マシンに込めた思い」
今週末のF1トルコGP。本来であれば、F1日本GPが行われる予定だったレースウイークに、レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリともに、特別なデザインのマシンを走らせる。実現に至るまでの経緯を、ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史が語った。

鈴鹿サーキットで日本GPが開催される予定だった今週末は、代わりにイスタンブールでトルコGPが行われる。

コロナ禍の影響により、2年連続で中止が決まったF1日本GPに、ホンダ F1のメンバーも無念の思いをにじませている。

もちろん、安全が何よりも優先されることは当然だが、ホンダとしてはF1プロジェクトの最終年となっただけに、ホームの大観衆を前にレースをしたかったという思いがどうしても消えない。

その願いは叶わないままに今週末を迎えてしまいたが、F1トルコGPでは、レッドブル・レーシング・ホンダのRB16Bが1戦限りの日本仕様カラーで参戦。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダも普段と少し異なる姿のマシンを用意した。

「レッドブルから鈴鹿のために何か特別なことをしようとホンダに持ち掛けてくれました。そこで、ホンダ初のF1優勝マシンであるRA272をインスパイアした、特別カラーのレーシングスーツというアイデアが出てきました」と山本雅史は説明する。

「過去に、ホンダドライバー向けに白地に赤いラインの入ったレーシングスーツを制作したことがあり、ジェンソン・バトンがホンダ Racing THANKS DAYで着てくれました。それもあって、当初は鈴鹿で特別なスーツを用意するアイデアだったんです」

「議論を重ねる中で、『マシンのカラーリングも変えてはどうだろう?』と提案しました。RA272をモチーフに、デザインは一緒に考えました。レッドブルがベースのデザインを作ってくれて、僕らからは日の丸をイメージした赤丸を入れられないかなど、細かい部分を提示していきました」

レッドブルは、FIAF1から、このカラーリングでの走行許可を得なければならなかった。当初の予定通りにこのマシンで鈴鹿を走ることができれば「最高だったね」と山本MDは語るが、どのサーキットになっても、このカラーリングが発するメッセージは変わらない。

「少し残念な気持ちはありますが、ホンダとしては、レッドブルと一緒にこういう取り組みができたことがとてもうれしいですね。実現に向けて尽力してくれたレッドブルには本当に感謝しています」と山本雅史は語る。

「ファンの皆さんにはきっと喜んでもらえると思います。レッドブルとホンダがワンチームになって同じ目標を目指しているという姿が見せられることは、誇らしい気分です。こうして、世界中のファンの皆さんにお見せできるものがあるというのも、誇りに思います」

「個人的には、ホンダのみんなが喜んでくれているのもうれしいですね。我々がワンチームなんだということを示すのは大切ですから」

F1トルコGPでこうしたメッセージを発信するのは、レッドブルだけではない。スクーデリア・アルファタウリも、日本語で「ありがとう」と書かれたリアウイングで戦います。

「この『ありがとう』は、もちろんレッドブルファミリーである、クリスチャン(ホーナー代表)、ヘルムート(マルコ氏)、フランツ(トスト代表)、そして4人のドライバーにも向けたものですが、一番伝えたいのは、ずっと応援し続けてくれたファンの皆さんです。僕らにとっては今年が最後の一年となりますが、どこかでこうしたメッセージを伝える機会が欲しいと思っていました」

もしイスタンブールで勝利を収められれば、今回のスペシャルデザインは「レースウィニングマシン」として、もう一つ特別な意味合いが増えるはずだ。

今回のカラーリングは、山本MDにとっては過去のどのデザインよりもお気に入りとなっているようだが、それ以上に、レッドブルとホンダの絆の象徴とも言えるこのマシンが、ホンダファンや従業員に長く愛されることを望んでいる。

「いつか、青山にこのマシンをチャンピオン獲得マシンとして展示できれば、本当に特別な瞬間になると思います。その前に、ファンの皆さんに飾ってもらえるように、ミニカーを発注済みです。僕は準備がいいので、1/18と1/43の2種類を発注しました(笑)」と山本雅史は語る。

金曜日のフリー走行で、このマシンがコースへ出ていく瞬間は、素晴らしいものになるはずだ。しかし、その瞬間からは、メルセデスとの厳しいチャンピオンシップ争いへ目を向けなければならない。

今季は非常にドラマティックな戦いになっており、山本MDはまだ紆余曲折があるとにらんでいる。後から振り返ったときに、この特別カラーが歴史に残るような役割を果たしてくれれば理想だが、最後までファンの皆さんやレッドブルに感謝を示し続けることが大切だ。

「今このポジションにいることはすごくうれしいですし、誇らしいです。ただ、ロシアでもそうだったように、メルセデスが強いコースがありますし、その逆でレッドブルが有利なところもあるので、一つひとつのレースに集中し、正しい戦い方ができれば、チャンピオンシップを手にすることができると思います」と山本雅史は語った。

ホンダF1 2021年 F1トルコGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1トルコGP / F1日本GP / アルファタウリ