F1インタビュー:ホンダF1 田辺豊治 「ホンダのF1最後の年を良い形で終えたい」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2021年のF1パワーユニットや久々の日本人ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす角田裕毅、レッドブルとの関係について語った。

ホンダは2021年シーズン限りでF1撤退を決定しており、2021年型『RA621H』とホンダのバッチがつく最後のF1パワーユニットとなる。2022年からホンダのF1パワーユニットはレッドブルに名前を変えて2024年までレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのマシンの心臓部となる。

2021年のF1世界選手権の開幕を控え、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治がインタビューに答えた。

今年はパワーユニットの開発が認められないため、最初から正解を出さなければなりません。それができたと考えますか?
もちろん、今年はホンダのF1最後の年であり、よい終わり方をするために、さくらとミルトンキーンズの全員が決意を固めています。これまでのところ、冬の間、スクーデリア・アルファタウリと連動して、新シーズンに向けて十分な準備ができたと感じています。トラックに出るまで、どれほどよい仕事ができたかはわかりませんが、これまでのところ、準備はスムーズに進んでいます

この冬のダイナモの結果はいかがでしたか? 数値には満足していますか?
ダイナモの数値は、予想通りです。コース上でどれくらい競争力があるのかは実際のレースでわかると思います。

今年はパワーユニットが大幅に変更されたという噂があります。これについて何か教えていただけますか?
どの部分が一番開発されたかを特定するのは難しいが、パワーと信頼性を改善するために、ICE、タービン、ERSを変更しました。今年はスクーデリア・アルファタウリと仕事をする3年目であり、全体的に改善するために、パワーユニット全体の設置やパッケージングも改善しました

2022年に導入する予定だったパワーユニットなのですか?
新型コロナウイルスのパンデミック以前は、新しいパワーユニットを今年導入する予定でした。しかし、長期のF1シャットダウンによる困難と制限があり、欧州のロックダウンやパーツ供給の遅れもあり、導入を2022年に延期しました。しかし、ホンダが2021年末にF1から撤退するという2020年10月の決定を考慮し、2021年に新しいパワーユニットを導入するように計画を再度変更しました。この変更をするにはタイミング的にとてもタイトでしたが、開発と準備を前倒しすることができました。ホンダはF1を去る前に技術的なノウハウのすべてを結集したいと感じていました。

昨年、ホンダはパワーユニット関連のペナルティがひとつもありませんでした。パワー向上のために攻めている場合、今年は信頼性の面でリスクがありませんか?
ホンダが2015年にF1に復帰して以来、我々は非常に苦労しましたが、多くのことを学びました。そして、昨年の高い信頼性は、その教訓のおかげでした。今年のパワーユニットでは多くのものを変更しましたが、信頼性に関する経験をそこに適用しています。パフォーマンスと信頼性は常に微妙な綱渡りでしが、今年はそのバランスを維持したいと考えています。トラックで走ればもっとよくわかるようになるでそゆ。そのあとで、パワーユニットの使い方に関して、運用上の変更ができま

現実的に、2021年のスクーデリア・アルファタウリの結果がどのレベルであれば成功と見なしますか?
昨年は、ミッドフィールドの争いが例年よりも厳しかったので、わずかなパフォーマンス差が、結果に大きな差に繋がりました。ピエール・ガスリーがモンツァで優勝できたことは素晴らしかったですし、全体的に、スクーデリア・アルファタウリとは素晴らしい1年を過ごせたと思うます。ライバル勢も進歩しているので、今年もまた接戦になると思いますが、ホンダとスクーデリア・アルファタウリは、この3年間で進歩したと信じています。今は本当に一つのチームになり、強く団結しています。スクーデリア・アルファタウリのサポートと協力のおかげで、ホンダはハイブリッド時代に競争力をつけることができたので本当に感謝しています。最後の年にさらによい仕事ができれば素晴らしいと思います。

また今年は日本人ドライバーと仕事をすることができますね。ルーキーシーズンの角田裕毅に何を期待しますか?
長年ホンダがサポートしてきたドライバーがスクーデリア・アルファタウリからF1デビューを果たすのはとても嬉しいです。角田裕毅は7年前の小林可夢偉以来の日本人ドライバーになります。彼はF1でこれまで経験したことがないような状況や困難に見舞われるでしょう。でも、彼はF3とF2で本当に素早く適応し、進歩してきたので、F1でレースをするたびに学んで成長していくと思います。彼は、特に日本から多くの注目を集めるでしょう。それは彼にとっては余分なプレッシャーになるかもしれなませんが、F1でも攻撃的なレーシング・スタイルを続けてほしいです。ホンダは全力で彼をサポートします」

ホンダがF1から撤退した後も、レッドブルとアルファタウリが2022年以降にパワーユニットにホンダの技術を使い続けることで同意しますたが、何かコメントはありますか?
スクーデリア・アルファタウリやレッドブル・レーシングとの関係、そして、その関係からホンダがどれほど恩恵を受けたかをを考えれば、ホンダにとって正しい行動だと思います。また、数十年にわたるF1界の一員として、我々の役割と歴史の重要性を反映しています。ですから、ホンダがこのような形で2チームとF1を助けることがでることを嬉しく思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル