ホンダF1 山本雅史 「F1への挑戦をやめなければならないのは本当に残念」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、今シーズン限りでホンダがF1から撤退するのは“本当に残念”なことだと語る。

レッドブルは、ホンダの現在のF1エンジンプログラムの運用を継続することを望んでおり、ホンダ側もサポートする姿勢を見せているが、正式には2021年シーズン限りでホンダはF1から撤退する。

「ホンダにとってF1は大切な企業文化であり、創業者の夢でもあります。だからこそ、ここまで様々なアップダウンがあった中でも、我々の目標であるチャンピオンを獲得するために挑戦を続けてきました。困難に打ち勝つために挑戦をしていくのがホンダですし、実際にF1を通してここまでその姿勢を見せてこられたと考えています」と山本雅史はコメント

「その挑戦をやめなくてはならないことは本当に残念ではありますが、前向きにとらえれば、まだ我々にはチャレンジできる期間が1年間残っているとも言えます」

2014年以降、F1パワーユニット時代はメルセデスが完全に支配してきた。しかし、ホンダは2021年に新しいF1エンジンを導入し、レッドブルとともにタイトル獲得を目指す。

「2020年も目の当たりにしてきたように、ライバルの壁は非常に高いですが、彼らに打ち勝ってチャンピオンをとるために、HRD-Sakuraやチームのファクトリーでは今も休む間もなく開発が続けられています。私はホンダが持つ底力を信じていますし、レッドブルとアルファタウリも来年に懸ける想いは強く持ってくれていると感じています」

「年が明けると、PUのファイアアップやシェイクダウン、ウインターテストなど、イベントが怒涛のように押し寄せ、そこからあっという間に開幕戦に向かっていきます」

「2021年はさらなる高みを目指し、皆さんともっと多くの喜びや感動を共有できる年にするためにチャレンジを続けていきますので、最後まで応援をよろしくお願いいたします」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル