F1 ホンダF1 ピエール・ガスリー
ホンダF1は、F1アゼルバイジャンGPの予選でのピエール・ガスリーのマシンが燃料流量制限を超えていたことを受け、パワーユニット(PU)のパラメーター変更を実施した。

ピエール・ガスリーは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q1でトップタイムをマーク。前日のプラクティスセッション中にレースオフィシャルによる計量の指示に従わなかったことによるペナルティーのために明日のレースではピットレーンからのスタートが決まっていたため、Q2では走行を行わず15番手で予選を終えていた。

だが、Q1でタイムを記録した際に100kg/hの燃料質量流量を超えていた可能性があるとしてチームはスチュワードから呼び出されていた。

調査の結果、スチュワードはピエール・ガスリーがのマシンがF1技術規則の5.1.4 「燃料質量流量は、100kg/hを超えてはならない」に違反したため、ガスリーは予選結果から除外することを決定した。

このトラブルを受け、ホンダはECUのパワメーターを調整して決勝に備えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / ピエール・ガスリー