F1 ホンダF1
ホンダF1は、レッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソの2チームにパワーユニット供給を拡大する2019年のF1世界選手権に自信をみせている。

2015年にF1復帰したホンダにとって2019年F1シーズンは復帰後5シーズン目となる。今シーズンは、3強チームであるレッドブル・レーシングにもパワーユニット供給を拡大し、復帰後のF1初優勝を目指す。

ホンダは2017年までF1プロジェクト総責任者という役割がすべての活動を統括していたが、2018年からはインディカープログラムを統括していた田辺豊治がテクニカルディレクターとして現場側のオペレーションを担当し、HRD Sakuraでは第2期ホンダF1での成功を収めたホンダエンジンの第一人者である浅木泰昭がパワーユニットの研究開発を統括するという二頭体制にシフトしている。

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史は「我々が進歩することができた理由は、レース開発側から優れた人材を選んでF1チームにもたらし、その一方でファクトリーの品質を成熟させていったことにあります」とコメント。

2019年のホンダのF1パワーユニット『Honda RA619H』は、2017年に導入したコンセプトの進化版となり、パフォーマンス面のみならず、信頼性面でも安定を図れると考えられている。

「最も大きいのは、過去3年間から学んだことであるのは確かです」と山本雅史はコメント。

「我々はかなり多くのトライ&エラーを行いましたし、そこから多くのことを勉強することができました。そこから我々は前進することができましたし、それを来年に繋げることができると思っています」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、昨年11月のアブダビGPで「実を言うと、我々はまだコース上で最新仕様から学んでいるところです」と述べていた。

「それは必ずしも良いことではありませんが、ダイナモですべてのことを理解するのは少し難しいです」

「だからこそ、我々はエンジニアはここにいるんです。我々は開発の一部です。さくらとこことの間で多くのことをフィードバックしています。最新仕様には開発間でやりとりできることがたくさんあります」

レッドブル・レーシングは、すでにホンダのF1パワーユニットがルノーの性能を上回っていると宣言している。

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史は、2019年型F1パワーユニットの開発は正しい方向に向かっていると語る。

「我々はあまり特定のタイムについては言いたくはないですが、メルセデスとフェラーリはルールのグレーな領域に関する知識をたくさん持っており、まだ我々の前にいます」と山本雅史はコメント。

「しかし、4年間の開発と努力の結果、我々は今、正しい方向性、どこに進むべきかを見い出していると思っています。昨年、もしくは2年前よりもはるかに明確になっています。ですので、我々は開発のスピードを上げていけると考えています」

ホンダがF1エンジンの戦闘力のベンチマークとなっているメルセデスとフェラーリに追いつくことに苦労している理由のひとつが、オイルを燃料させて追加のパワーを得るルールの“グレーゾーン”を悪用するのをためらっていたことにある。

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史は、新しいエンジン時代が開始した際、「誰もグレーゾーンを利用することに本当に熱心でした。なかでもフェラーリとメルセデスはそうですね」と Autosport にコメント。

「我々は遅れて参入した身なので、知識や理解という点で遅れをとっていました。そこでホンダが考えているのは、そのようなグレーゾンの全てを潰してしまいたいということです。そのようなことがストップすることを望んでいます。グレーゾーンがなくなることが我々の望みです」

オイル燃焼やエンジンメーカーが開発の限界を押し上げようとしている他のエリアは、通常、ピークパフォーマンスに関連した追加のブーストとなる。だが、ホンダにはF1復帰の初期段階で根本的な開発ミスがあったため、そのようなグレーゾーンに本格的に着手することができなかった。

ホンダの2019年F1パワーユニットでは予選アタックで追加のパワーブーストを得ることができる“パーティモード”と呼ばれているセッティングが可能になるとされている。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコも、パーティモードの導入によって今年のレッドブル・レーシングは“メルセデスやフェラーリと同じレベルに並ぶ”ことを期待している。

「過去数年に我々がルノーと抱えていた信頼性問題に対処することが重要だ」とヘルムート・マルコはコメント。

パーディモードは予選で0.1秒のゲインを得られると見込まれているが、ヘルムート・マルコは「ホンダはもっと多くを約束している」と語る。

「我々の究極の目標は2019年にマックス・フェルスタッペンをワールドチャンピオンにすることだ」

ホンダは、トロロッソの2019年F1マシン『STR14』ですでに2019年型F1パワーユニット『Honda RA619H』の初始動を完了。そのエンジンサウンドは昨年よりも力強く聞こえもする。

トロロッソ・ホンダは、2019年F1マシン『STR14』を2月11日(月)の現地時間14時30分(日本時間22時30分)にオンラインで公開する。レッドブル・レーシングは2月13日(水)に2019年F1マシン『RB15』をお披露目する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | レッドブル | トロロッソ