ホンダ F1 マクラーレン
ホンダは、マクラーレンとのワークス関係が崩壊の一途をたどっているとの報道を否定した。

ホンダの新型F1パワーユニットがプレシーズンテストでトラブルが多発したことで、マクラーレンはエンジン変更の可能性についてメルセデスに打診したと噂されており、マクラーレンはその推測を完全には否定していない。

だが、ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介はそのような噂を否定している。

「もちろん、我々が望んでいたものではありません」と長谷川祐介は Blick にコメント。

「ですが、我々のパートナーシップは非常に強固です。我々は完全にマクラーレンと共にいます」

マクラーレン・ホンダのドライバーであるフェルナンド・アロンソはスムーズにメルボルン入りしたようだが、今年の優勝候補であるセバスチャン・ベッテルはそうはいかなかったようだ。

スイスからドバイ経由でオーストラリアへと飛んだセバスチャン・ベッテルだったが、飛行機は技術的なトラブルによって遅れ、乗客は乗継時に荷物をピックアップできなかったという。

「良いスタートだね」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「荷物が一緒にメルボルンに到着しなかったのは2回目だ」とセバスチャン・ベッテルは肩をすくめた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | マクラーレン