ルイス・ハミルトン 「F1引退の時期はいずれ来るけど今ではない」
ルイス・ハミルトンは、最終的にF1キャリアに終止符を打たなければならない時が来ることを承知しているが、今はまだそうする準備はできていないと語る。

ルイス・ハミルトンは、2023年にメルセデスF1チームとの契約の最終年に入るが、それがチームとの彼の最後の契約ではないという兆候がある。

メルセデスのチーム代表トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがまだあと5年はF1キャリアを続けられると語ったことを明らかにしている。

数字は確認していないが、ルイス・ハミルトンは引退する時期はまだ間近に迫っていないと説明した。

「永遠ではないけど、内側の何かが『まだ終わっていない。プッシュし続けなければなりません。やるべきこと、達成すべきことはもっとある』と言っている」とルイス・ハミルトンはThe New York Timesに語った.

「いつかレースをやめることになるのは辛いだろうね。僕は30年間レースをしてきたけど、最終的にやめるのは30年以上先になるだろう。 幸運なことに、それはこの瞬間、今ではない」

「いつか家族が欲しいと思うだろうし、それが僕の最大の焦点になるだろうけど、今はメルセデスと一緒にF1にいることがそれだ」

ルイス・ハミルトンは、父親のアンソニーと兄弟のニコラスがレースを続けることを強く勧めているが、母親と妹は彼のレースへの興味を押し進めることに関してはあまり熱心ではないと明らかにした。

7回のF1ワールドチャンピオンは、ビジネス、慈善活動、そして、最近では演技や映画制作など、F1以外にもさまざまな関心を持っている。

「私の父と私の兄弟は、彼らはレーサーでなので『永遠にレースを続けろ』という感じだ」とルイス・ハミルトンは語る。

「母と姉に関して、僕がやりたいことを何でもしてほしいと思っていることがわかる」

「彼らはまたそれが重くのしかかっていること、どれほど疲れることかを理解している。妹の家に行くと、僕はソファで気絶してしまうこともある」

しかし、F1スケジュールの要求が犠牲になる一方で、ルイス・ハミルトンはF1への愛は自分が与えることがもっとあることを意味すると語る。

なぜF1を続けるのかと質問されたルイス・ハミルトンは「自分の仕事を愛していることに疑いの余地はないからね」と答えた。

「毎週末の挑戦、チームとして毎週末どのようにショーアップしているかが本当に好きだ」

2022年シーズンは、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1チームにとって非常に困難なシーズンだった。ハミルトンは、記録的な8 回目のワールドチャンピオンをもう一度追いかけるのではなく、代わりにF1 キャリアで初めて勝利のないシーズンに苦しんだ。

メルセデスW13は、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルをタイトル候補に入れることができず、シーズンの初めには、それハミルトンをF1引退のドアに追いやるだろうという話が渦巻いていた。

だが、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ウルフは、そのような懸念はないと語る。

トト・ヴォルグは、ルイス・ハミルトンが「彼にとって何が正しいかを感知するのが非常に得意」であることを明らかにし、「特に契約延長についてというわけではなく、我々が人間としてどこに向かっているのか、そして我々の目的は何かについて、定期的に会話をしている。我々はその絶え間ない議論をしている」と語る。

「このような不況の年が、彼がF1に別れを告げるきっかけにならないことは間違いない。彼は『車が十分ではない。それが僕が出ていく理由だ』というには強すぎて、回復力がありすぎる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス