ルイス・ハミルトン 「チームがリタイアの提案を拒否したことに感謝」 / メルセデス F1スペインGP 決勝
ルイス・ハミルトンは、F1スペインGPでのケビン・マグヌッセンとのオープニングラップでの衝突の後、エンジンをセーブしようという彼の提案にメルセデスF1チームが従わないことを選んだことに安心している。

ルイス・ハミルトンは、ターン4でのケビン・マグヌッセンとの衝突でタイヤがパンクし、新しいタイヤに交換することにピットに戻ることを余儀なくされた。

ピットストップ後に30秒の遅れをとったルイス・ハミルトンは、メルセデスF1チームにリタイアしてシーズン後半に向けてエンジンをセーブするよう提案した。

しかし、メルセデスF1チームはその提案を跳ねのけ、ルイス・ハミルトンは最終的に5位まで挽回。チームメイトのジョージ・ラッセルは3位でフィニッシュして今季2回目の表彰台を獲得した。

「30秒遅れていたので、最後尾やトップ15外で走ってエンジンを使えば、ある時点でペナルティを受けることになると考えた」とルイス・ハミルトンは説明した。

「別の日に戦うために生かしておけるように、エンジンをセーブしたほうがいいと思った。僕たちがそうしなかったことを神に感謝している。それが僕たちが決してあきらめない理由だ。そして、それは僕がしたことだ」

「序盤に問題に見舞われることのないおmとスムーズなレースを望んでいた。15位からスタートしてトップ10に入るのに苦労したジェッダのことを考えて、ポイントに戻るのは無理だと思っていた」

「彼らはノー、僕が8位のために戦っていると言った。僕はそれが理解できなかったし、彼らは間違いなく非常に楽観的だと思った。でも、全力を尽くして、、どうなるか見てみようと思った」

ルイス・ハミルトンは、カルロス・サインツも抜いて4位まで浮上していたが、最終ラップで車を冷やすために抜本的な対策を講じることを余儀なくされ、最終的にサインツに再び抜かれた。

ルイス・ハミルトンは、車を冷やすためにストレートをハーフスロットルで運転していたと語った。

「今日は予想よりもかなり暑かったし、これらの車ではかなり厳しい」とルイス・ハミルトンは語った。

「続行できたかどうかは分からない。他の場所に行たのでチームとは話していない」

「でも、基本的には、エンジンにフレッシュな空気を入れて冷却するために、ハーフスロットルでドライブし、ストレートをたくさんリフトオフする必要があった」

ルイス・ハミルトン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1スペインGP