F1:ルイス・ハミルトン、2022年版スポーツ長者番付でトップ10圏外に転落
米経済誌フォーブスは、2022年版のスポーツ選手の長者番付を発表。7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2022年版スポーツ長者番付でトップ10圏外に転落した。

ルイス・ハミルトンは、2017年に10位、2021年は8位にランクインして過去に2回トップ10にランクインしている。

2021年のルイス・ハミルトンのオントラックおよびオフトラックの収益は、フォーブスによって8200万ドルと見積もられた。今年、トップ10に入るには、少なくとも8,090万ドルを稼ぐ必要があり、これはハミルトンの総収入が過去12か月でいくらか減少したことを示している。

2022年のトップは、サッカー選手のリオネル・メッシ。昨年は2位だったが、2021年の夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍。1億3000万ドルでトップに返り咲いた。だが、昨年1位のコナー・マクレガーは、ウイスキーブランドのプロパー12の株式を売却したことでトップに入っていただけであり、今年は圏外となっている。

2位にはNBAのスターであるレブロン・ジェームズ、3位にはマンチェスター・ユナイデッドに復帰したクリスティアーノ・ロナウド、4位にはメッシのパリ・サンジェルマンのチームメイトであるネイマールが続いた。

スポーツ長者番付は、昨年6月1日から1年間の給与、賞金やスポンサー収入などで算出された。

2022年版スポーツ長者番付
1.リオネル・メッシ (1億3000万ドル)
2.レブロン・ジェームズ (1億2120万ドル)
3.クリスティアーノ・ロナウド (1億1150万ドル)
4.ネイマール (9500万ドル)
5.ステファン・カリー (9280万ドル)
6.ケビン・ドゥラント (9210万ドル)
7.ロジャー・フェデラー (9070万ドル)
8.サウル・アルバレス (9000万ドル)
9.トム・ブレイディ (8390万ドル)
10.ヤニス・アデトクンボ (8090万ドル)

昨年7月、フォーブスは、レース契約の給与とボーナスを含めたF1ドライバーのリストも作成。1位はルイス・ハミルトン、2位はマックス・フェルスタッペン、3位にはフェルナンド・アロンソとなっている。

関連:2021年 F1ドライバー 推定年収トップ10:ハミルトンが68億円でトップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス