F1:ルイス・ハミルトン、アクセサリー禁止令に反抗的 「次回は時計を4つ着けてくる」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、FIA(国際自動車連盟)によるアクセサリー禁止の動きに反抗的だ。

初開催のマイアミGPに先立ち、F1レースディレクターのニールス・ウィティヒは、コックピット内でアクセサリー禁止と耐火性下着の着用の取り締まりを強化し、F1チームに精査シートを提出するよう求めた。

だが、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1の新たな禁止に抗議して、公式のFIA記者会見に可能な限り多くのジュエリーを身に着けて出席に

セバスチャン・ベッテルも、アストンマーティンF1チームのレーシングスーツの上に下着を重ね着して、耐火性の下着の取り締まりに抗議。ケビン・マグヌッセンでさえ懸念があることを認めている。

「車の中で結婚指輪をつけていないと変な気分になる」とケビン・マグヌッセンは語った。

しかし、日曜日のマイアミGPをボイコットすると脅したルイス・ハミルトンは、最終的には、特定のピアスで2レースの猶予を獲得した。

だが、ルイス・ハミルトン、鼻ピアスを外すことはないだると語る。

「僕はここで免除を受けました。今年の残りの期間は免除される」とルイス・ハミルトンは明かした。

「結婚指輪も許可されている」

「このトピックについて議論し続けることは間違いない」

「次回は時計を4つ着けてくるよ」

だが、ルイス・ハミルトンにとって最も問題なのは、ポーパシング問題に苦しむW13の競争力のなさだ。

チームメイトのジョージ・ラッセルは「車をより安定させるために僕たちが見落としていることがある」とジョージラッセルは語った。

「速い車なのは間違いない。僕たちはそれを機能させることができていない。それがいつ起こるか分からない。僕たちはできる限りの努力をしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス