ルイス・ハミルトン 「ペース不足の原因を正確に理解する必要がある」 メルセデス F1カタールGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1カタールGPの初日の走行を終え、ペース不足の原因を正確に理解する必要があると語る。

ルイス・ハミルトンは、FP1とFP2の両方のセッションを4番手でフィニッシュ。レース週末の最良のスタートとは言えなかった。チームメイトのバルテリ・ボッタスは両方のセッションでハミルトンを上回り、FP2ではトップタイムをマークしている。

おそらくもっと重要なことは、ロサイル・インターナショナル・サーキットでは、レッドブル・ホンダF1よりも強力なマシンを持っていると広く期待されていたにもかかわらず、マックス・フェルスタッペンに先んじてフィニッシュできなかったことだ。

セッション後、ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンと戦えるかどうかはまだ分からないとし、その前に作業お行う必要があると語った。
レースでマックス・フェルスタッペンと戦えるかと質問されたルイス・ハミルトンは「手がかりはない」と語った。

「現時点では、僕は少し遅いと言えるし、今夜それを理解する必要がある」

F1マシンがロサイル・インターナショナル・サーキットでレースをするのは初めてのため、ルイス・ハミルトンを含めた多くのドライバーがサーキットに適応するのに苦労していることはある程度理解できる。

ランド・ノリスと同じように、ルイス・ハミルトンは縁石でいくつかのダメージを拾ったが、そこまで問題ではないと語る。。

「ドライバー的には問題ない」とルイス・ハミルトンは語った。

「すべて高速コーナーなので、間違いなくフィジカル的にきついけど、トラックは非常に素晴らしく、実際に問題はない」

「少しダメージを負ったけど、縁石に乗っただけだと思うし、それほど深刻なものではないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1カタールGP