ルイス・ハミルトン 「F1オランダGPでのブーイングは覚悟の上」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、今週末にザントフォールトで開催されるF1オランダGPでブーイングを受けることを“当然ながら予想している”とし、それをポジティブなエネルギーに変えようとしていると認める。

F1イギリスGPで物議を醸すマックス・フェルスタッペンとの接触の後、ルイス・ハミルトンは夏休み前のF1バンガリーGPでF1タイトルのライバルであるフェルスタッペンのファンからブーイングと野次を受けた。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンの母国グランプリでブーイングを受けるのは覚悟の上だと語る。

「もちろん、あちこちでたくさんのオレンジ色のファンを見てきた」とルイス・ハミルトンは語った。

「僕はイベントに行ってブーイングをするような人ではないけど、それは理解している。サッカーのイベントで、ファンが持っている情熱、もしくは彼らの一部が敵に対して持っている嫌悪感を見ることができる。でも、僕はそれを尊重している」

「僕はいつもオランダに来るのが大好き。アムステルダムは最大の都市の1つだ。そして、オランダにはチームLHファンがいることを知っている。本当に感謝している。彼らはおそらくグランドスタンドのごく一部であり、そのブーイングに耐えることができる彼らのことも賞賛している」

「でも、それがスポーツだ。僕がやっていることは、そのエネルギーを自分のために向けようとすることだ。それを受け取って、ポジティブなものに変えて、ドライブに入れようとしている」

自分のホームのファンにブーキングをしないように言う必要があるかと質問されたルイス・ハミルトンは「幸いなことにイギリスのファンはブーキングはしない」と語った。

「イギリスのファンはアメージングだ。彼らは素晴らしい週末のためだけにそこにいると思う。僕の時代には、イギルスのファンからブーイングを聞いたことはないと思う。短い記憶だけど、そうではなかたっと確信している」

「でも、一般的に誰にとってもそれには同意しない。誰もができる限りの仕事をするためにそこにいて、誰もができる限りのことをしようとしている」

「でも、それはスポーツの一部であり、それを目にしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1オランダGP