F1王者ハミルトン、フェルスタッペンに“スペースとリスペクト”を要求
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPの衝突におけるマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の攻撃性を改めて批判。自分は長年にわたってそれを和らげることを学んでいるし、タイトルを争うライバルにコース上で“スペースとリスペクト”をもちながら、バランスを見つけることを求めた。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンはシルバーストンでのF1イギリスGPのオープニングラップで接触。2番手を走行するハミルトンは、コプスでフェルスタッペンのインを突いた。

しかし、マックス・フェルスタッペンは自分のラインを保持し、ハミルトンの左フロントタイヤと接触。フェルスタッペンをスピンを喫して高速でバリアに衝突してリタイア。51Gの衝撃を受けたフェルスタッペンはヘリコプターで病院に搬送された。

レースを続行することができたルイス・ハミルトンは、衝突を引き起こしたとしてスチュワードから10秒のペナルティを受けたが、それでも優勝でレースを終えた。

物議を醸したインシデントは、レッドブルF1からの怒りの反応を引き起こし、日曜日の夜、マックス・フェルスタッペン自身もルイス・ハミルトンが“危険”な動きで自身をリタイアに陥れたと非難した。

ルイス・ハミルトンは衝突について謝罪することを拒否したが、ほこりが落ち着き、マックス・フェルスタッペンとのクリーンな戦いを楽しむことを望んでいると述べた。

「全体的に、僕たちは成長し、これらの経験から学ぶべきだと思う」とルイス・ハミルトンの語った。

「決して…100%誰かのせいというインシンデントは滅多にない。当然、2人もしくはそれ以上の人が絡むことなので常に混合している。したがって、僕たち両方が学ぶことができることがあると思う」

「僕の個人的な意見からすると、マックスはおそらくここで最も積極的なドライバーの1人だと思う。もちろん、彼は素晴らしい仕事をしているけど、衝突することなくレースを続け、良いレースをするためには、スペースとお互いをリスペクトしながら、コース上で可能な限り最高のバランスを見つけるように本当に努力しなければならないと思う」

ルイス・ハミルトンは、日曜日の戦いの背後には2人のドライバーが優勝を争う以上の何かがあることを否定した。

「ノーマルのバトルだったと思う」とルイス・ハミルトンは語った。

「僕も若い頃は・・・全般的にアグレッシブかもしれない。実際、マックスほどアグレッシブではなかったかもしれないけど、若い頃はかなりアグレッシブだった。そして、今、私はかなり年齢を重ねて、それがスプリントではなくマラソンであることを知っているので、自分のレースにどのようにアプローチするかについてより良い見方ができていると思う」

「でも、僕たちは戦っているし、今年は彼が非常に攻撃的だったと思う。ほとんどの場合、僕が譲歩して、インデントを回避し、レースの後半で戦うために生き伸びなければならなかった」

「土曜日に見たように、彼は一旦クリーンエアに出れば、彼らは速すぎるので、チャンスが巡ってきたときは、私はそれを試してみる必要がある。それが僕たちがやっていることであり、レースだ」

「僕はターン7から素晴らしい立ち上がりをして、左に行ってからインサイドをついて、そのギャップを埋めた仕掛けに本当に満足していた。幸いなことに、彼はそれを閉じることができなかった」

「でも、残念ながら、攻撃は自分の側からとどまり、僕たちは衝突した。残念だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン