メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「ピレリに落ち度があったとは思わない」
ライバルであるレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPでの勝利を犠牲にしたパンクについてのピレリの説明に不満を抱いているが、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンはピレリに落ち度はないと擁護する。

チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンは、レースを快適にリードしていた残り5周にメインストレートで左リアタイヤのパンクに見舞われた。30周目にはアストンマーティンのランス・ストロールの同様の故障でクラッシュを喫している。

ピレリF1は、詳細な分析の結果、2つのチームはルールに違反してはいないものの、走行条件によってレース中に想定以下のタイヤ空気圧で走行していたことを故障の原因として特定した。

タイヤ空気圧を下げると、パフォーマンスが向上する。レース前の最低タイヤ空気圧は設定されていますが、チームは、マシンが走った後、予想どおりにタイヤの空気圧が上昇するのを防ぐ方法がある。

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、彼のキャリアの中でピレリのタイヤバーストに見知らぬ人ではないが、F1フランスGPの記者団に対して、安全が優先事項であり、ピレリとFIA(国際自動車連盟)は物事をよりよく監視する必要があると語った。

「故障があるときはいつも彼らは常に圧力をか挙げている。それが何かを物語っている。多くの場合、タイヤは要求された圧力で作動していない」とルイス・ハミルトンは語った。

「今年は彼らはタイヤに関して素晴らしい仕事をしたと思う。以前よりも頑丈だ。この特殊の例では、ピレリに問題があるとは思わない」

それでも、マックス・フェルスタッペンは、ピレリの説明に満足していない。

「確かに、今週末はここで圧力を上げることになるだろう。僕たちはそうすると100%確信している」

「それはバクーで起こったことと関係があるかもしれないけど、それがタイヤの空気圧に関連していたかどうかを知るためにもいいことだと思う」

「ピレリは正々堂々と意見を言うべきだ。もう少し理解しやすく言えただろうし、チームは何も悪いことをしなかった。これまでに得た説明は十分ではなかったと思う」

ピレリは声明の中で、原因は「タイヤの走行状態に関係している可能性のある内側のサイドウォールの円周方向の破損」によるものであると述べている。

マックス・フェルスタッペンは、クラッシュから無傷で逃げることができて幸運だと感じていると語った。

「実際、左側ではなく右側の壁にぶつかったのはとても幸運だった。もしひだりぐぁいたら、それは本当に大きな衝撃だったと思う」

ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラは、来シーズンに標準センサーが導入されるが、現時点ではレース中やタイヤがマシンに装着されたときの圧力を測定するツールを持っていないと語る。

マリオ・イゾラ、シミュレーションに基づいてバクーで予測された走行条件は実際のものとは異なっていたと述べた。

「チームがレギュレーションに反して何かをしているというわけではなく、彼らはいつものようにパフォーマンスを探し、これらの条件を達成できなかった」

「それは我々が予想していたものとは異なるシナリオを作成した。そして、別のシナリオは、主にタイヤが想定よりも低い圧力で走行していたというものだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ピレリ