ルイス・ハミルトン、F1マシンを重くする新レギュレーションは「理解できない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年からよりワイドで重いF1マシンを採用することは、F1が今後のレギュレーション変更を進めていく間違ったアプローチだと考えている。

7度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、自分がF1を始めた頃のより軽いF1マシンを運転することの方が好ましかったとし、より大きくてより遅いマシンへの動きは、全体としてF11にとって後退だと語る。

ルイス・ハミルトンは、持続可能性を改善するためのF1の意欲を考えれば、この動きはさらに奇妙だと感じてる。ハミルトンは気候変動を防ぐための戦いで強い声を上げており、マクラーレンが来シーズン以降に参入することを発表したエクストリームEシリーズに参戦するX44レーシングを所有している。

2022年のF1カーでは、最小重量が790kgに増加する。これは、2014年のターボハイブリッド時代の開始時よりもほぼ100kg重くなる。

満タンの燃料を含めると、レース開始時のF1マシンの総重量は約900kgに及ぶ。ルイス・ハミルトンは、F1マシンのパーツを移動するために必要な余分なエネルギーは、スポーツの二酸化炭素排出量を増やすだけだと語る。

「特に、より持続可能な方向にスポーツを進めていくという話がすべてあるとき、なぜ僕たちがより重いマシンを走らせることになるのか理解できない」とルイス・ハミルトンは MotorsportWeek に語った。

「どんどん重くなっていくことで、ますます多くのエネルギーを使うことになる。だから、それは実際には正しい方向や正しい思考プロセスではない」

ルイス・ハミルトンはF1の給油時代にキャリアをスタートさせた。搭載される燃料量は、2022年にトラックを走るF1マシンの約3分の1だった。

レース開始時に100kg以上の燃料を保持できるように燃料タンクを大きくした結果、F1マシンの重量とサイズが自然に増加することになるが、ルイス・ハミルトンは、重すぎるマシンはショーという点もレースの質を妨げると感じている。

「軽いマシンはより機敏で、それほど大きくはなあkった。そのため、レースとマシンの操縦はもっと優れていた」とルイス・ハミルトンは付け加えた。

「僕たちが行くトラックは幅が広くなっているけど、バクーやモナコのような場所は追い抜きはいつも比較的不可能だった。今ではマシンが非常に大きく、トラックに対して大きすぎる」

「言ったように、どんどん重くなるにつれて、僕たちが放散しなければならないより多くのエネルギー、より大きなブレーキ、より多くのブレーキダスト、そして、その場所に連れて行くためのより多くの燃料などが必要になる。だから、僕にはそれがまったく理解できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス