ミカ・ハッキネン 「ハミルトンはメルセデスF1の欠点を補おうしている」
元F1ワールドチャンピオンを務めるミカ・ハッキネンは、F1アゼルバイジャンGPの終了間際のルイス・ハミルトンのミスは、メルセデスF1の欠点を補わなければならない現状を示していると考えている。

ライバルのマックス・フェルスタッペンがタイヤ故障によって残り数周でトップからリタイアしたことで、ルイス・ハミルトンはチャンピオンシップのリードを取り戻す準備ができているように見えたが、それはうまくいかなかった。

赤旗中断を挟んでレースが再開されると、ルイス・ハミルトンはターン1でタイヤをロックさせてエスケープに滑り込み、ノーポイントの15位でレースを終えた。

ミカ・ハッキネンは、メルセデスF1のパフォーマンス不足がエラーの一因となったと考えている.

「今回はメルセデスにとって2回目の本当に難しいグランプリだった」とミカ・ハッキネンは Unibet のコラムで語った。

「モナコでの悪い週末の後、バクーで彼らが挽回することを期待していたが、それは実現しなかった。ルイス・ハミルトンは予選をうまく通過できたが、レースで彼のマシンのパフォーマンスが不十分だったことがわかった。レッドブルとマックスの1.9秒に対して、彼のピットストップが4.5秒続いたとき、レースのリードは消えた」

「レース再開後のルイスのミスは典型的なものではなかったが、彼がマシンのパフォーマンスの問題を埋め合わせようと懸命にプッシュしていたことを示している。マックスの不運な事故の後、ルイスの問題は結果にいくらかのバランスをもたらした。だが、メルセデスはバルテリ・ボッタスが週末を通してグリップが非常に悪く、タイヤの温度を十分に上げることができなかったことを報告しており、チーム代表のトト・ウォルフはこの問題を修正する必要があると認めている」

メルセデスF1にとってポジティブなことの1つは、一時的なストリートサーキットでの連続レースに続いて、F1は2週間後にフランスのポール・リカールでより伝統的なサーキットに戻ることだ」

「シーズンの最初4レースでレッドブルに対してうまく防御した後、メルセデスはグリップレベルが低いモナコとバクーの一時的なストリートサーキットで本当に苦労した」とミカ・ハッキネンは続けた。

「我々が見てきたことに基づいて、マックス、セルジオ、レッドブルは非常に強い立場にあるため、彼らは2週間後にフランスで非常に異なる結果を望んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス