ルイス・ハミルトン、首位陥落「チームとしてパフォーマンスが低かった」 / メルセデス F1モナコGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1モナコGPを7位でフィニッシュしてチャンピオンシップの首位から陥落。モナコでの週末を通してメルセデスF1としてパフォーマンスが低かったと落胆した。

モナコのストリートサーキットで、週末を通してメルセデスは通常レベルには程遠い出来だった。予選を7番手で終えたルイス・ハミルトンは同じポジションの7位でフィニッシュ。上位を走行していたチームメイトのバルテリ・ボッタスはピットストップで右フロントタイヤが外れずリタイアしたにも関わらずだ。

その結果、マックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダがドライバーズとコンストラクターズの両方でポイントリーダーに浮上した。

30周目にルイス・ハミルトンをハードタイヤに交換させるという戦略決定は、ランド・ノリスと表彰台の最後のステップを争うのではなく、逆にセルジオ・ペレス、セバスチャン・ベッテル、ピエール・ガスリーの後ろに順位を下げることを意味した。唯一の慰めは2回目のピットストップを行ってファステストラップの1ポイントを加算したことかもしれない。

ルイス・ハミルトンは、1回目のピットストップ後にピエール・ガスリーがまだ前にいることに気づくと、レースエンジニアのピーター・ボニントンに『何でまだ彼の後ろにいるんだ。どういうことだ』『意味が分からない。長く走るためにタイヤをセーブしていた。何でみんなより先にストップさせたんだ』を声を荒げた。

戦略について質問されたルイス・ハミルトンは「どう答えていいか分からない。僕たち全員が舞台裏で話し合っている。これからもっと強くなるために一丸となって頑張っていく」と語った。

「週末を通して最初からチームとしてのパフォーマンスが低かったし、次のレースに集中します。マックスと彼のチーム、おめでとうございます。彼らは素晴らしい仕事をしました。」

次のアゼルバイジャンでも、レッドブル・ホンダのマシンが有利だと考えられている。

「また別のストリートサーキットであり、非常に気温が低くて、スムーズなサーキットなので、ここと同様に、再び苦労する可能性がある」とルイス・ハミルトンは語る。

「とにかく僕たちは頑張って仕事をして、その損失をどのようにして最小限に抑えるかを見ていかなければならない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1モナコGP