F1:ルイス・ハミルトン、ナイトの爵位を授与との報道
7回のF1ワールドチャンピオン獲得を達成したルイス・ハミルトンが、年末にナイトの爵位を授与すると報じられている。

ルイス・ハミルトンは、2009年にバッキンガム宮殿で女王陛下からMBE(大英帝国勲章5等勲爵士)を勲章を授与されている。しかし、その後の10年間でメルセデスF1で成功を収めたにもかかわらず、それ以降見過ごされてきた。

ルイス・ハミルトンにそれ以上の名誉が与えられなかったのは、長い間彼の財務状況についての疑問があったからだと考えられている。しかし、自家用機の売却を含む措置により、政府の名誉委員会はハミルトンの個人的な問題は“すべて整理された”と結論付けたと The Sun が報じた。

報道が正しければ、ルイス・ハミルトンは、新年の叙勲でナイトの爵位が授与される。

ルイス・ハミルトンの友人はタブロイド紙に「これはルイスが長年逃してきた名誉だ」と語った。

「最も素晴らしいシーズンの信じられないほどの締めくくりを意味する。」

同紙はまた“スポーツ界のトップの人物”としてルイス・ハミルトンを次のように紹介している。

「彼は、スポーツへの多大な貢献を認められて、業界のボスから提唱されてきた」

実現した場合、ルイス・ハミルトンは、ブラッドリー・ウィギンス、モハメド・ファラー、アンディ・マリー、アラステア・クックを含む他の最近のスポーツ騎士団の受賞者に加わることになる。

この報道について質問されたヘイン卿(現在はフォーミュラ1の全党議会グループの議長を務めている元労働党内閣大臣)は、ルイス・ハミルトンのナイト爵位は「長い間延期されてきた」と語った。

「それが正しければ、私はルイスがスポーツ騎士のパンテオンに加わるのを見るのはわくわくするだろう。ルイスは単なる連続チャンピオンではなく、実際には世界最大の英国のスポーツスターだ」

「彼の背景がとても謙虚であるという事実、そして、彼が黒人であるという事実は、彼の信じられないほどの業績に追加される。彼は、背景、肌の色が何であれ、若い女の子と男の子が空に手を伸ばすことができるというロールモデルだ」

「それは彼のマシンのコックピットの中で目にしているものだけではない。彼の慈善活動、F1における多様性の向上も他のスポーツに影響を与える可能性がある」

モータースポーツUKのデビッド・リチャーズ会長は最近、ルイス・ハミルトンのナイト爵位を求める手紙をダウニング街にむけて書き、ハミルトンの税務は完全に問題なく、名誉を妨げるべきではないと説明した。

「英国がルイスの歴史的業績にふさわしい賞を彼が選んだ居住地、仕事、または誤解された彼の税務上のステータスによって否定することは完全に間違っている」とデビッド・リチャーズは書いた。

だが、ルイス・ハミルトン自身は常にナイトになる可能性を軽視してきた。

「ナイトになることの名誉について考えるとき、僕は戦争で仕えた祖父のような人々について考える」とルイス・ハミルトンは最近語った。

「キャプテントムはその素晴らしい名誉を100年待った。それに、これまでで最も困難な時期に命を救っている医師や看護師がいる。僕はそういった名もなきヒーローについて考える。そして、僕は自分自身を名もなきヒーローとして見ていない。僕は誰も救ていない」

しかし、ルイス・ハミルトンは過去にそれがいつか起こったら喜ぶだろうとも認めている。

「すべての人と同じように僕は王室を崇拝して育った。いつか、再び女王の前に立つことができるならば光栄だ。彼女に再び会うのはこれまでで最も幸せな日になるだろう」

女王陛下は、ルイス・ハミルトンの記録的な7回目のF1ワールドチャンピオンをTwitterで祝福している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス