ルイス・ハミルトン、ペトロフをスチュワードに選出したFIAに不満 / メルセデス F1ポルトガルGP 木曜記者会見
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、FIA(国際自動車連盟)がヴィタリー・ペトロフのような“時代にそぐわない”考え方をもった人物をF1ポルトガルGPのスチュワードに選んだことに対して不満を述べた。

元F1ドライバーのヴィタリー・ペトロフは、最近、FIAの#WeRaceAsOneキャンペーンにあまり賛同していないと語っており、ルイス・ハミルトンはもっといい人選ができたはずだと考えている。

ヴィタリー・ペトロフは「僕はひざまずく儀式を理解していない」と母国ロシアの Championat.com に語っていた。

「人々は、神殿で神の前にいるとき、そして、将来の妻にプロポーズするときの2つの機会にだけひざまずく。彼らはそのジェスチャーで人種差別との戦いに注意を向けようとしている。ロシアの考え方は異なる。ハミルトンが話しているような問題はない」

また、ヴィタリー・ペトロフは、表彰式でブリオナ・テイラーのTシャツを着用したルイス・ハミルトンの行為をレインボーフラッグを着用するゲイのドライバーに例えた。

「観客の半数は、説明されるまでこのシャツが何であるかをまったく理解していなかったと思う」とヴィタリー・ペトロフは付け加えた。

「もしドライバーの1人が同性愛者であることを告白し、虹色の旗を掲げて全員に同性愛者になるように促したしたらどうだろう? 多くのことに例えることができる」

ルイス・ハミルトンは、ヴィタリー・ペトロフを“時代にそぐわない”と表現し、そのような見解を持った人を雇うというFIAの決定に不満を述べた。

「すべての引用を見たわけではない。もちろん、皆さんもそれらのいくつかを引用しただけだ」とルイス・ハミルトンはF1ポルトガルGPの木曜日記者会見で語った。

「彼らが、そのような信念を持ち、僕たちが戦おうとしていることについて非常に声高に発言している人を雇うのを見るのは驚きだと思う」

「だから、皆さんは本当にそのようなことを取り上げるべきだ。特に僕にはそれについてできることは何もないからね」

「でも、僕たちは間違いなく時代とともに生きているし、僕たちが生きている時代を理解し、僕たちを取り巻く問題に敏感な人々をここに含めるべきだ」

「彼らの目標が何なのか、なぜ特に彼がここにいるのか、僕には本当に理解できない。他に良い選択肢がいないわけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / FIA / ヴィタリー・ペトロフ / F1ポルトガルGP