ミカ・ハッキネン 「ハミルトンの成功はF1マシンだけによるものではない」
2度のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、ルイス・ハミルトンとのF1での目覚ましい成功は、単にグリッドで最高のマシンに乗ってきたという理由では片づけることはできないと語る。

ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハの記録に並んだ91勝のうち70勝、そして、6回のF1ワールドチャンピオンのうちの5回を、ハイグリッド時代を支配しているメルセデスのF1マシンで獲得している。

ルイス・ハミルトンがここまでの成功を収めたのはメルセデスのF1マシンに乗っていたからだとの意見が多く聞かれるが、ミカ・ハッキネンは逆にメルセデスはハミルトンなしではその記録を打ち立てることはできなかったと考えている。

「グランプリで1回勝つのもの簡単ではない。F1でそれを14年以上何度も繰り返しているのは非常に特別な業績であり、ルイスにはそれを誇りに思う権利がある」とミカ・ハッキネンは Unibet のコラムで語った。

「レースや世界選手権に勝つには、素晴らしいマシン、強力なチームメイト、そして、サポートする優秀なチームなど、多くのことが必要だ。ルイスはメルセデスでそれらすべての恩恵を受けてきた」

「だが、自分自身のパフォーマンスも必要だ。マシンがどんなに優れていても、運転をし、システムを正しい方法で操作し、正しい戦略を実行し、そして、何よりも重要なのは、本当に優れたレーシングドライバーでなければならない」

ミカ・ハッキネンは、ルイス・ハミルトンの長年にわたる一貫性と、弱体化の兆候を示さない献身とエネルギーを強調しました。

「ルイスが勝利を収め、そして、21歳で始め35歳になった今も勝利を繰り返す能力は簡単なことではない」とミカ・ハッキネンは語る。

「タイトルを2回獲得するのにどれだけのエネルギーが必要かを知っている。そして、自分が33歳でF1でレースをやめたとき、それは正しい瞬間だと分かっていた。だから、誰もルイスが成し遂げたことを単に最高のクルマを持っているだけの問題だと考えるべきではない」

「勝ち続けるには、能力、フィットネス、アプリケーション、そして集中力が必要だ。明らかにルイスはそれを実現する方法を見つけた」

「ルイスが引退を決定するまでにどのような新しい記録が生まれるか想像することもできない」

「もちろん、ミハエルは1シーズンで最も最多勝利である13勝などの記録を保持しており、彼の歴史上の立場は保証されている。だが、ルイスはその記録簿のトップにいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス