ルイス・ハミルトン 「このままでは2019年のタイトルは獲れない」
メルセデスのルイス・ハミルトンは、2019年のドライバーズタイトルを獲得できない危険があると警告する。

現在、ルイス・ハミルトンはチャンピオンシップで2位のチームメイトのバルテリ・ボッタスに65ポイント、3位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に対しては96ポイントという巨大なリードを築いている。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは「4勝分だ。我々は愚かなことをして自分自身でアドアンテージを台無しにすることはできない」とコメント。

2019年のF1世界選手権は残り6戦あり、フェラーリは過去3戦で3連勝を成し遂げている。

「僕たちはもっと良い仕事をする必要がある」とルイス・ハミルトンは警告する。

「僕たちはシーズン序盤は本当に素晴らしい仕事をしていた。でも、チャンピオンシップのギャップがなくなる可能性があるという幻想を抱いている」

「僕たちは気を引きしめて、基本的に本気で取り組んでいく必要がある」

フェラーリのシンガポールでの勝利はF1界に衝撃を与えた。シャルル・ルクレールが連勝したスパとモンツァのようなローダンフォースで高速のサーキットではなく、低速サーキットで勝利したからだ。

「ソチは次のフェラーリのサーキットになる可能性がある」とルイス・ハミルトンのチームメイチのバルテリ・ボッタスは語る。

イタリアのメディアもフェラーリの復調に驚いている。

「3週間で醜いアヒルの子が宇宙船になったのか? 3連勝はミラクルか?」と La Repubblica と報道。

Corriere dello Sport は「Ferrari is back」と宣言した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス