F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1オーストリアGP予選Q1での走行がキミ・ライコネン(アルファロメオ・レーシング)のアタックを妨害したとして3グリッド降格ペナルティを科せられた。

予選Q1でアウトラップ中のルイス・ハミルトンは、キミ・ライコネンの接近に気づいてイン側に寄せたが、その後コーナーを直進してライコネンの前を横切るカタチとなった。

両者はQ1を突破していたが、レース後の審議の結果、ルイス・ハミルトンに3グリッド降格ペナルティと1点のペナルティポイントが科せられた。予選を2番手で終えていたルイス・ハミルトンだが、決勝は5番グリッドからのスタートとなる。

ルイス・ハミルトンは「実はどこかのチームの1台が来ているのは見えていて、ヘアピンのターン3に向かってブレーキングした。誰か1台来ていたのでまっすぐに進んで道を開けようとした。コーナーで遭遇したくなかったからね」とコメント。

「コーナーは外せたと思うけど、もしかしたら彼を邪魔しまったかもしれない。理想的ではなかったし、マシンが来ていることに気づいていなかったから、簡単ではなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / F1動画 / メルセデス / F1オーストリアGP