F1 ルイス・ハミルトン レッドブル・ホンダ
メルセデスのルイス・ハミルトンは、レース終盤にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに迫られたが、古いタイヤでも実際にプレッシャーを感じることはなかったと語る。

レース序盤にフェラーリのセバスチャン・ベッテルのピットインをカバーするために早めのタイヤ交換を行ったルイス・ハミルトンは、2番手をキープすることに専念していた。

終盤には10周以上フレッシュなタイヤを装着するマックス・フェルスタッペンが迫ってきたが、ルイス・ハミルトンはプレッシャーを感じることはなかったと語る。

「フェルスタッペンの攻撃は問題にはならなかった」とルイス・ハミルトンはコメント。

「僕は後ろのマックスをカバーできていた」

しかし、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ホンダのF1エンジンは大幅な改善を果たしたと感じており、レッドブル・レーシングはストレートで強くなったと感じていると語る。

「ホンダは確実に大幅な前進を果たしたと感じた」とトト・ヴォルフはコメント。

「スピードトレースを見れば、レッドブルは以前とは非常に異なって見える。彼らはストレートで非常に速い。それが見られるのは良いことだ」

「我々は彼らが戦いに絡んでくることを望んでいるし、素晴らしい戦をしたいと思っている」

関連:マックス・フェルスタッペン 「ホンダのF1エンジンはライバルと戦える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス