F1 ルイス・ハミルトン ドニントン・パーク
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、ジュニア時代にレースをしたドニントン・パークには“どのF1サーキットよりも厳しいコーナー”があるとして、近代サーキットに苦言を呈した。

現在、F1ではモータースポーツマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンを中心にレースの質を改善させるための多くの探索プロジェクトのひとつとしてグランプリサーキットに変更が必要かどうかを調査している。

2017年シーズン最終戦F1アブダビGPでは、オーバーテイクが生まれにくいヤス・マリーナのサーキットレイアウトに多くの批判の声が挙がった。

ルイス・ハミルトンもそのなかの一人。最近のサーキットはランオフエリアが拡大したことでドライビングが容易になっており、ドライバーがミスを犯す機会が減っているとし、F1はドライバーにとってチャレンジングなトラックにすることを検討する必要があると考えている。

「FIAは素晴らしい仕事をしている。でも、彼らはこのようなランオフエリアを止めなければならない。みんなも目にしたと思うけど、ドライバーがコーナーをカットできるようにするべきではない」と BBC Sport にコメント。

ルイス・ハミルトンは、昔は危険な要素があったからこそ、ドライバーが自分のドライビングのリスクを評価して戦うという面白みがあったと語る。

「もちろん、クラッシュを望んでいるわけではないけど、僕が昔について気に行っているのはコースオフしたらタイムを失う部分だ。今は5%行き過ぎてコースオフしても元に戻れるとわかってコーナーにアプローチできる。僕はそれが気に入っていない」

「限界を攻めるのがエキサイティングなんだ。他の誰よりも速く走れる限界を見つけ出すことがね。そして、限界に到達して、限界と格闘して、ギリギリでバランスをとる。それをコントロールする。それは本当に楽しいことだ」

ルイス・ハミルトンは、過去にレースをして育ったサーキットの方がエキサイティングなレースを提示するという点で優れていたと語る。

「僕はオウルトン・パークやドニントンが大好きだった。ドニントンの古いヘアピンは悪夢のようだった。ブレーキを離して、スピードを上げて、ダウンフォースを使わなければならない。そのあとの丘を駆け上がる部分とバックストレート前の2つ目の右コーナーでは白線さえも見えない。白線とグラベルがあるけど、グラベルにはまるともう抜けられない。『しまった!』って感じだよ。あそこで限界を見つけるのはF1の全てのコーナーよりも難しい。コピスはある意味でF1が失っているコーナーだ。もしF1にあれが戻ってきたら、また違ったレベルの挑戦をもたらすことになるだろうね」

しかし、ルイス・ハミルトンは、空力とグリップが増してスピードが向上した2017年F1マシンはいくつかのトップF1サーキットにスパイスを取り戻すことに一役買っていると述べ、お気に入りのコーナーとして、オースティン、シルバーストーン、スパ・フランコルシャン、鈴鹿サーキットの各所をピックアップした。

「今年の高速コーナーはたまらなかったね! スパのプーオン、オースティンの3-4-5-6-7はシーズンで最高のコーナーだ。それらは素晴らしい。シルバーストーンではコプス、それとマゴッツ、ベケッツだら。鈴鹿ではS字だ。それらは特別なコーナーだ。様々な理由でオースティンは最高のセットアップだ。異なるラインを取ることができるからね。鈴鹿は異なるラインでレースをするのはとても難しい。それがオースティンを気に入っている理由だ。実際、それが僕の好きなトラックだし、新しいトラックはほとんど好きではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス