マクラーレン ルノーF1 ルイス・ハミルトン F1
ルイス・ハミルトンは、2018年にルノーのF1パワーユニットに切り替えるマクラーレンのパフォーマンスを警戒していると語る。

マクラーレンは、今シーズン限りでホンダとの3年間にわたるパートナーシップに終止符を打ち、来季からはルノーのカスタマーF1パワーユニットを搭載して名門復活に挑む。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスが再びF1ワールドチャンピオンを獲得できるクルマを獲得できると確信しているが、2018年は、フェラーリ、レッドブルに加えて、元所属チームであるマクラーレンがバトルに加わってくるかもしれないと予想する。

今年のタイトルを獲得できると感じたのはいつかと質問されたルイス・ハミルトンは「開幕戦に到着したこときだ」とコメント。

「それが毎シーズンの考え方だ。来年にむけても同じ考え方を持っている」

「新シーズンにむけてトレーニングや準備をしているときは来年のチャンピオンシップ候補になれると信じてやっている。最終的にそれは不可能だとわかることになるかもしれないけど、そのような考え方でいなければならない。5位でフィニッシュすることを期待して挑んでもうまくはいかない。勝つために自分自身のギアを上げていく必要がある」

「来年はマクラーレンはルノーのエンジンを搭載する。僕たちは4チームによるチャンピオンシップ争いを目にすることになるかもしれない。レッドブルは速いだろうし、フェラーリも再び速いのは確実だろう。僕たちは現状に留まっているわけにはいかない。前進し続けなければならない」

今シーズンを通して強力なパフォーマンスを発揮してきたルイス・ハミルトンだが、来年にむけて改善の余地はたくさんあると考えている。

「素晴らしいシーズンだったけど、完璧なシーズンだったというわけではない。常に改善できるエリアはある。僕は9勝して、バルテリ(ボッタス)は3勝したけど、20レースあるし、完璧なシーズンとはそれら全てのレースで勝つことだ。でも、常に改善できるというということなので、ポジティブなことだ」

「これまでで最強のシーズンだったのは確かだ。シーズン序盤はちょっと浮き沈みがあったけど、後半はとても一貫していた。信頼性はこれまででベストだった。今年の僕のパフォーマンスやスタートに関してははるかに良くなっていたし、今年のクルマをかなり快適に感じていたので、レース毎に多くのことを引き出すことができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン