ルイス・ハミルトン 2016 F1日本GP 記者会見
ルイス・ハミルトンのF1日本GPの公式記者会見の態度に非難が殺到した。

記者会見では、F1マレーシアGPのエンジンブローについて質問が飛んだが、ルイス・ハミルトンは、スマートフォンをいじり続けた。

「この前のレースのことは考えないようにしている」とルイス・ハミルトンはほとんどスマホから目を上げずに答えた。

「いつもレースが終わった後は他のことを考えている場合が多い。東京見物を楽しんだよ。世界で僕が好きな都市のベスト3に入る。それまでは良かったし、満足していたので、ここでも同じように続けられたらいいね」

「僕のInstagramを覗いてみてよ。気持ちは全部そこに書いてある。みんな自分の意見があって当然だけど、僕の最近の投稿を見れば、いかに僕がチームと自分のクルーに対して情熱的かわかるはずだ」

記者会見中、ルイス・ハミルトンは自分の顔にウサギのフィルターをかけた画像をSnapchatに投稿し、『何これ、死にそう』とコメントを添えた。

ルイス・ハミルトン Snapchat

スマホで何をしているのかとジャーナリストに聞かれたルイス・ハミルトンは「は? ああ、別に。僕たちドライバーの面白画像を撮ってただけだよ。だって、もうずっと同じことばっかりやってるじゃない。しかも毎回毎回同じことをね。何か新しいことを加える努力をした方がいいよ」

この態度には、非難が殺到。だが、ルイス・ハミルトンは会見後「みんな何でも真剣に受け止め過ぎ」と一笑した。

「今日のは楽しませようとしてやっただけ。失礼な態度を取るつもりなんて少しもないよ。みんな何でも真剣に受け止め過ぎだよ。僕は楽しかった。今日のハイライトだよ!」

「それから記者会見だけど、もう10年も同じことをやっている。メディアも司会者も形式化てしまっている。ファンに質問させればいいのにね!!」

2016 F1日本GP 木曜記者会見 動画



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1日本GP