ルイス・ハミルトンの2022年06月のF1情報を一覧表示します。

F1:ケリー・ピケ、父ネルソン・ピケの発言を擁護する投稿に“いいね”

2022年6月30日
F1:ケリー・ピケ、父ネルソン・ピケの発言を擁護する投稿に“いいね” マックス・フェルスタッペンの交際相手
マックス・フェルスタッペンの交際相手であるケリー・ピケは、ルイス・ハミルトンについて人種差別的な言葉を使用したことで非難されている父親のネルソン・ピケを擁護したようだ。

3回のF1ワールドチャンピオンであるネルソン・ピケ(69歳)は、昨年11月に収録されたポッドキャストで、2021年のF1イギリスGPのルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンとの接触について議論。

ネルソン・ピケ、F1から永久追放の噂 ハミルトンへの人種差別発言で

2022年6月30日
ネルソン・ピケ、F1から永久追放の噂 ハミルトンへの人種差別発言で
3回のF1ワールドチャンピオンのネルソン・ピケは、ルイス・ハミルトンへの人種差別的な発言によって、F1パドックから永久追放されると報じられている。

今週初め、ネルソン・ピケが、2021年シーズンの終わりに行ったインタビューのなかで、ルイス・ハミルトンに対して人種差別用語を使用していたことが明るみになった。

ネルソン・ピケ、ルイス・ハミルトンに謝罪も「差別用語の意図はない」

2022年6月30日
F1:ネルソン・ピケ、ルイス・ハミルトンに謝罪も「差別用語の意図はない」
ネルソン・ピケは、ルイス・ハミルトンに謝罪したが、彼が使用した用語は、ハミルトンに対する人種差別を意図したものではないと主張した。

ネルソン・ピケは、昨年のポッドキャストでブラジルの母国後であるポルトガル語の蔑称的なフレーズを使用したとして、最近、彼の発言が注目を集めている。

F1、FIA(国際自動車連盟)およびメルセデスF1チームは、即座にルイス・ハミルトンをサポートする声明を発表。

ルイス・ハミルトン、ネルソン・ピケの差別発言に「行動を起こす時が来た」

2022年6月29日
F1:ルイス・ハミルトン、ネルソン・ピケの差別発言に「行動を起こす時が来た」
ルイス・ハミルトンは、3回のF1ワールドチャンピオンであるネルソン・ピケによる人種差別的な発言が表面化した後、「古風な考え方」を変えるための「行動を起こす時が来た」と語った。

ネルソン・ピケは、昨年末に向けたブラジルのポッドキャストでのインタビューでルイス・ハミルトンに言及したときに人種差別的な言葉を使用。今週、その発言が掘り起こされると大手メディアが一斉に取り上げた。

ネルソン・ピケ、ルイス・ハミルトンを人種差別的な侮辱…F1が声明

2022年6月28日
ネルソン・ピケ、ルイス・ハミルトンを人種差別的な侮辱…F1が声明
元F1ワールドチャンピオンのネルソン・ピケが、ルイス・ハミルトンを人種差別的な言葉で呼んでいたことが明るみになり、F1は声明を発表した。

ネルソン・ピケの発言は、2021年11月にシルバーストンで開催された昨年のF1イギリスGPについて語ったインタビューでのものだが、最近になって掘り起こされた。

ルイス・ハミルトン 「今後セットアップの実験は慎重に進めていく」

2022年6月27日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「今後セットアップの実験は慎重に進めていく」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1シーズンの後半はグランプリ週末で実験的なセットアップで走行する頻度が減ることを期待している。

メルセデスF1は、グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった2022年の新世代F1マシンで“ポーパシング(ポーポイズ現象)”に酷く苦しんでおり、ルイス・ハミルトンはW13のポテンシャルを解放する方法を明らかにするためにレース週末にセットアップで実験を行ってきた。

ルイス・ハミルトン 「W13はこれ以上車高を上げることはできない」

2022年6月26日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「W13はこれ以上車高を上げることはできない」
メルセデスF1のルイスハミルトンは、ポーパシング対策としてW13の車高をこれ以上上げることはできないと語る。

今シーズン、メルセデスF1は最もポーパシングの問題に苦しんでいるチームといっても過言ではない。その結果、スピードが不足しているだけでなく、車が繰り返し激しく地面に叩きつけられることで、ドライバーの身体面にも影響が及んでいる。

ハミルトン、元WシリーズドライバーのSky F1評論家チーム加入を支持

2022年6月22日
ルイス・ハミルトン、元WシリーズドライバーのSky F1評論家チーム加入を支持
ルイス・ハミルトンは、Sky Sports F1の評論家チームに加わったことで批判を受けたナオミ・シフを擁護した。

南アフリカで育ち、英国に移住する前に南アフリカで育ったルワンダン-ベルギー出身のレーシングドライバーであるナオミ・シフは、2022年にSky Sports F1チームに加わった。2019年にWシリーズに参戦していたナオミ・シフは、放送と専門家のスキルを提供している。

ルイス・ハミルトン 「カナダではバウンシングが最大3Gまで軽減」

2022年6月21日
ルイス・ハミルトン 「カナダではバウンシングが最大3Gまで軽減」
ルイス・ハミルトンは、3位表彰台を獲得したカナダグランプリでのメルセデスF1のポーパシングは「最大限でも2G~3G」だったとし、ドライバーにとって大きな助けになったと明かした。

メルセデスF1は、アゼルバイジャングランプリの至る所でW13のポーパシングとバウンシングに苦しんだ。それはルイス・ハミルトンの身体に影響を与え、背中を痛めたハミルトンは、4位でフィニッシュした後、車から降りるのに苦しんだ。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム