F1:ルイス・ハミルトン、ネルソン・ピケの差別発言に「行動を起こす時が来た」
ルイス・ハミルトンは、3回のF1ワールドチャンピオンであるネルソン・ピケによる人種差別的な発言が表面化した後、「古風な考え方」を変えるための「行動を起こす時が来た」と語った。

ネルソン・ピケは、昨年末に向けたブラジルのポッドキャストでのインタビューでルイス・ハミルトンに言及したときに人種差別的な言葉を使用。今週、その発言が掘り起こされると大手メディアが一斉に取り上げた。

ネルソン・ピケの発言は、F1とFIA(国際自動車連盟)の両方によって非難され、ルイス・ハミルトンが所属するメルセデスF1チームも7回のF1ワールドチャンピオンをサポートする声明を発表した。

ルイス・ハミルトンは火曜日の午後にこの問題に取り組むためにソーシャルメディアを利用し、最初はポルトガル語で「考え方を変えることに集中しよう」と書いた。

「それは言語以上のものだ」とルイス・ハミルトンはその後のツイートで付け加えた。

「これらの古風な考え方は変化する必要があり、僕たちのスポーツには存在しない」とルイス・ハミルトンは火曜日に語った。

「僕は人生全体でこれらの態度に囲まれ、ターゲットにされてきた」

「学ぶ時間はたくさんある。行動を起こす時が来た」

F1でレースをしている唯一の黒人ドライバーであり、唯一の黒人F1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、モータースポーツ内で変化を起こすための取り組みの最前線に立ってきた。

2020年にジョージ・フロイドが殺害された後の世界中の活動の中で、ルイス・ハミルトンは反人種差別のメッセージを広めるだけでなく、スポーツ全体の多様性と包摂を改善するための措置を講じるF1の主要な声だった。

ルイス・ハミルトンはThe Hamilton Commissionを設立し、モータースポーツにおける黒人の権利を調査する報告を行った。F1の従業員のわずか1パーセントが黒人のバックグラウンドであることがわった。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1チームとともに、ハミルトン個人的のミッション44財団と連携して機能する多様性と包括性の向上をサポートする共同イニシアチブとして、昨年夏にIgniteチャリティーを立ち上げた。

フェラーリはソーシャルメディアを通じてルイス・ハミルトンへの支持を示し、「我々は、F1、ルイスハミルトン、メルセデスAMG F1と並んであらゆる形態の差別に反対している」と述べた。

アストンマーティンF1チームは「我々はルイス・ハミルトンと人種差別やあらゆる種類の差別の影響を受けた世界中の人々の側に立っている。我々のスポーツや社会には、この忌まわしい行動の余地はない」と声明で述べた。

F1 ネルソン・ピケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス