ルイス・ハミルトン、元WシリーズドライバーのSky F1評論家チーム加入を支持
ルイス・ハミルトンは、Sky Sports F1の評論家チームに加わったことで批判を受けたナオミ・シフを擁護した。

南アフリカで育ち、英国に移住する前に南アフリカで育ったルワンダン-ベルギー出身のレーシングドライバーであるナオミ・シフは、2022年にSky Sports F1チームに加わった。2019年にWシリーズに参戦していたナオミ・シフは、放送と専門家のスキルを提供している。

また、ナオミ・シフは、2020年にWシリーズの多様性と包括性のアンバサダーに就任している。

しかし、一部のファンは、F1での経験のないナオミ・シフの解説者としての資格に疑問を呈し、誹謗中傷的なツイートを繰り返した。

あるTwitterのユーザーは、レースを分析する資格について質問し、ナオミ・シフは3つのあくびをする絵文字で答えていた。

今シーズンのナイミ・シフのインタビュー対象者の1人であるルイス・ハミルトンは、ツイッターでサポートを表明した。

「ナオミは元プロのレーシングドライバーであり、スカイチームの一員として彼女の意見を述べる資格がある」とルイス・ハミルトンは投稿した。

「彼女は加入以来素晴らしい資産であり、僕たちは両手を広げてより代表的な放送を歓迎する必要がある。スポーツにおけるこれらの態度を変えるにはまだ長い道のりがある」

その後、ナオミ・シフへのサポートはサポートは拡大し、多くのパドックインサイダーが元の投稿を非難した。

F1ジャーナリストのクリス・メドランドは「同時に働いているためにSkyのF1放送を見ることは滅多にないが、私が見たところ、ナオミ・シフが素晴らしい補強であったことは間違いない。彼女のスタイルの大ファンだ」

別の有名なF1とフォーミュラEのジャーナリストであるヘーゼル・サウスウェルも「君は素晴らしい。チームへの素晴らしい追加であり、君のトラックサイドのピースは、モータースポーツカバレッジが視聴者が見ているものを分析するのに役立つを完全な例だ。新しいレギュレーションでは非常に重要なことだ」

フリーランスのF1ジャーナリストであるクレア・コッティンガムは「ルイス・ハミルトンは再びモータースポーツで理性の声を出し、ナオミ・シフへの支持を示している。 彼のようなドライバーが発言してくれることに感謝する」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス