ルイス・ハミルトンの2021年04月のF1情報を一覧表示します。

フェルスタッペンとハミルトンのライバル関係が激化?あるシーンが話題

2021年4月30日
F1:フェルスタッペンとハミルトンのライバル関係が激化? あるシーンが話題
マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンがF1エミリア・ロマーニャGP後の予選で見せたあるシーズンが話題になっている。ヨス・フェルスタッペンもそこに注目する一人だ。

F1エミリア・ロマーニャGPではルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。マックス・フェルスタッペンはチームメイトのセルジオ・ペレスの後塵を拝して3番手だった。

レッドブルF1幹部 「ハミルトンはフェルスタッペンの脅威に困惑している」

2021年4月30日
レッドブルF1幹部 「ハミルトンはフェルスタッペンの脅威に困惑している」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、絶対王者ルイス・ハミルトンが突然ミスを犯しているのは、マックス・フェルスタッペンからの本格的な挑戦に対処することに苦労しているからだと語る。

F1エミリア・ロマーニャGPでは、いつもは冷静なルイス・ハミルトンがバックマーカーを抜くことを焦って濡れた路面に足元をすくわれてコースアウトしてノーズを壊すいう、ハミルトンらしくないミスを犯した。

レッドブルF1代表 「イモラでのルイス・ハミルトンは非常に幸運だった」

2021年4月28日
レッドブルF1代表 「イモラでのルイス・ハミルトンは非常に幸運だった」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エミリア・ロマーニャGPでメルセデスF1のルイス・ハミルトンが2位表彰台まで挽回できたのは“非常に幸運だった”と語る。

ルイス・ハミルトンは、レース中盤に周回遅れのジョージ・ラッセルを抜こうといて濡れた路面でコースアウトを喫してフロントウイングを壊し、グラベルで立ち往生。なんとかグラベルから脱出したが、周回遅れになっていた。

レッドブルF1幹部 「ラッセルの事故なしでハミルトンの2位はなかった」

2021年4月26日
レッドブルF1幹部 「ラッセルの事故なしでハミルトンの2位はなかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルのクラッシュがなければ、ルイス・ハミルトンが2位表彰台を獲得することはなかったとラッセルを非難するメルセデスF1のトト・ヴォルフを皮肉った。

メルセデスF1の育成ドライバーであるウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPで親チームのバルテリ・ボッタスをリタイアさせたことで、メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフに非難された。

ハミルトン 「レッドブル・ホンダF1は王座を狙えるマシンを手に入れた」

2021年4月24日
ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダF1は王座を狙えるマシンを手に入れた」
メルセデスF1のルイスハミルトンは、2021年のF1世界戦選手権のスタートでのレッドブル・ホンダF1のパフォーマンスは、彼らが“久しぶり”にチャンピオンシップを獲得できるF1マシンを生み出したことを示していると考えている。

開幕戦F1バーレーンGPで、ルイス・ハミルトンは予選での敗北を覆して決勝マックス・フェルスタッペンをわずかな差で倒したが、第2戦F1エミリア・ロマーニャGPではその逆の結果となった。

「今季のハミルトンを大きなリスクをとることを余儀なくされている」

2021年4月23日
「今季のハミルトンを大きなリスクをとることを余儀なくされている」と元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンは、メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2021年シーズンにF1王座を守るために大きなリスクをとって戦う必要があると考えている。

絶対王者として君臨してきたメルセデスF1だが、2021年シーズンではレッドブル・ホンダF1が互角以上の競争力を発揮しており、2戦を終えて1勝1敗とこれまでのシーズンとは異なる展開となっている。

メルセデスF1 「フェルスタッペンとの接触でハミルトンに0.6秒のロス」

2021年4月23日
メルセデスF1 「フェルスタッペンとの接触でハミルトンに0.6秒のロス」
メルセデスF1は、F1エミリア・ロマーニャGPでルイス・ハミルトンがレース序盤に負ったフロントウイングのダメージによって最大で0.6秒を失っていたと明らかにした。

ルイス・ハミルトンは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝をポールポジションからスタートしたが、マックス・フェルスタッペンに並ばれ、シケインで2台は接触し、リードを奪われた。

ルイス・ハミルトン、ピレリの18インチのF1タイヤを初テスト

2021年4月21日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン、ピレリの18インチのF1タイヤを初テスト
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは4月20日(火)、2022年のF1世界選手権で導入されるピレリの18インチタイヤをテストした。

F1エミリア・ロマーニャGPで珍しいミスから挽回してマックス・フェルスタッペンに次ぐ2位でレースを終えてから2日後、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンはイモラ・サーキットでピレリの18インチF1タイヤのプロトタイプを初めて味わった最新のドライバーとなった。

FIA 「ルイス・ハミルトンのバックでのコース復帰は完全にルールの範囲内」

2021年4月20日
FIA 「ルイス・ハミルトンのバックでのコース復帰は完全にルールの範囲内」 / F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
FIA(国際自動車連盟)は、メルセデスF1のルイス・ハミルトンが、F1エミリア・ロマーニャGPでコースオフした際にバックでコースに復帰したことは完全にルールの範囲内だったと確認した。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、周回遅れのジョージ・ラッセルを抜こうとしてコースアウト。スリックタイヤに交換した直後であり、濡れた路面でコントロールを失うというハミルトンらしからぬミスだった。このコースアウトでバリアに接触してフロントウイングにダメージを負った。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム