ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダF1は王座を狙えるマシンを手に入れた」
メルセデスF1のルイスハミルトンは、2021年のF1世界戦選手権のスタートでのレッドブル・ホンダF1のパフォーマンスは、彼らが“久しぶり”にチャンピオンシップを獲得できるF1マシンを生み出したことを示していると考えている。

開幕戦F1バーレーンGPで、ルイス・ハミルトンは予選での敗北を覆して決勝マックス・フェルスタッペンをわずかな差で倒したが、第2戦F1エミリア・ロマーニャGPではその逆の結果となった。

らしくないミスからマックス・フェルスタッペンに次ぐ2位まで挽回したルイス・ハミルトンは、現時点でレッドブル・ホンダはメルセデスよりも速いマシンを持っていると確信しており、今年のタイトル争いは最後まで大接戦が続くと考えている。

「戦いに興奮している」とルイス・ハミルトンはF1エミリア・ロマーニャGPのレース後に言った。

「レッドブルがチャンピオンシップを獲得できるマシンを手にしたのは本当に久しぶりだと思うし、シーズンを通して接戦になると思う。このような戦いがもっと多くできることを願っている」

2位まで挽回し、ファステストラップを記録したことは、第2戦を終了した時点でルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンに対して1ポイントのリードを維持した。だが、まだ21レースが残っており、今からアブダビでの最後のチェッカーまでにすべてのポイントがいかに重要になってくるかを語った。

「間違いなく、2位まで挽回してこのようなポイントを獲得できたことは、シーズンを通して非常に価値がある」とルイス・ハミルトンは続けた。

「今日25ポイントを失っていたら、レッドブルが信じられないくらい速いチャンピオンシップを狙えるマシンを手に入れた事実に基づいて、それを取り戻すのは難しかっただろう」

「今週末、彼らは間違いなく予選トリムで僕たちよりも速かったけど、レーストリムでも少し優れているように見える。でも、彼らはいくつかのミスを犯したようだ。。僕としては彼らは犯したと思う。たとえば、マックスは予選でね。そうでなければ、彼はポールに立っていただろう」

「でも、僕たちは本当に緊密な戦いをしているし、僕たちは緊密な戦いが大好きだ」

「マクラーレンが久しぶりに戻ってくるのを見るのは素晴らしいことだ。フェラーリが力強く見えるのも素晴らしいことだ。だから、これからたくさんのエキサイティングなレースがあり、僕たち全員にとって非常に多くの異なる挑戦になるだろう」

マックス・フェルスタッペンは、イモラでルイス・ハミルトンを倒して、バーレーンでの雪辱を果たしたことに興奮しているが、シーズンのこのような早い段階で夢中になることはないと語る。

「非常に長いシーズンだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちはとにかく一生懸命に働き続けなければならない。もちろん、今日の結果にはとても満足しているけど、それは今日だ。もちろん、今日は嬉しいけど、明日からまたやり直しだ」

「シーズンを通してこれを続けることができるようためには多くの仕事がまだあるし、僕たちは改善し続ける必要がある」

「チームとして非常に支配的で、打ち負かすのが非常に難しいメルセデスのルイスと戦うのは素晴らしいことだ。今ここに座ることができているるように、僕たちは2レース続けて非常に競争力があった。それは非常に有望だけど、何の保証もない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス