レッドブルF1幹部 「ラッセルの事故なしでハミルトンの2位はなかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルのクラッシュがなければ、ルイス・ハミルトンが2位表彰台を獲得することはなかったとラッセルを非難するメルセデスF1のトト・ヴォルフを皮肉った。

メルセデスF1の育成ドライバーであるウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPで親チームのバルテリ・ボッタスをリタイアさせたことで、メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフに非難された。

高速でのクラッシュは、レースをリードするマックス・フェルスタッペンに追撃を仕掛けていたルイス・ハミルトンがグラベルにコースアウトした直後に発生した。

ルイス・ハミルトンは、バリアにクラッシュしてフロントウイングを破損。グラベルから抜け出すのに苦労し、周回遅れの9番手まで落ちて修理のためにピットに向かう必要があった。

だが、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスのクラッシュによって赤旗が提示され、ルイス・ハミルトンはフリーストップの機会を得た。フィールド全体がピットに戻ったことで、メルセデスF1はフロントウイングを変えることができた。

さらに良いニュースが待っていた。赤旗条件下では、ドライバーがアンラップすることを許可されており、ルイス・ハミルトンは、ローレングスタート時にマックス・フェルスタッペンと同じラップに戻ることができた。

ヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルが引き起こした事故がなければ、ルイス・ハミルトンが2位表彰台を獲得することはなかったとし、トト・ヴォルフはクラッシュの明るい側面に目を向けるべきだと語る。

「トトは全体像を見なければならない」とヘルムート・マルコ ServusTV に語った

「ラッセルの動きのおかげで、ハミルトンはレースに戻ることができた。ラッセルからのクラッシュがなければ、彼は周回遅れでレースを続けていただろう」

F1ジャーナリストのマーク・ヒューズは、トト・ヴォルフは9位をかけてバルテリ・ボッタスを攻撃したジョージ・ラッセルを責めることはできないと感じている。

結局のところ、ジョージ・ラッセルがグランプリの勝利とワールドチャンピオンを争うのではなく、ポイントを獲得するためだけに戦っているのはトト・ヴォルフの決定だ。

「ラッセルは、すでにメルセデスでグランプリを獲得できたはずのワールドクラスのドライバーだ。彼はそれを知っており、昨年のサヒールで世界にそれを証明した」とマーク・ヒューズは語った。

「彼はタイトルを争う可能性があると感じているが、ウィリアムズでとらえどころのない1ポイントにもがいている3年目だ」

「彼が自分が乗ってるはずだと感じているマシンに対してホイール・トゥ・ホイールでレースをするきっかけを考えると、事故が発生することはおそらく避けられなかった。彼は年齢を重ねて成熟し、あるいは、いくつの保証がなされたとしてもね」

「彼はおそらく、大釜蓋にをしたままにしておくには長すぎる追加のシーズンをリザーブとして保持されている。その野心と火のすべてが、彼をドライバー、つまり、ワールドチャンピオンを戦う可能性のあるドライバーにしている理由の一部だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / メルセデス