メルセデスF1 「フェルスタッペンとの接触でハミルトンに0.6秒のロス」
メルセデスF1は、F1エミリア・ロマーニャGPでルイス・ハミルトンがレース序盤に負ったフロントウイングのダメージによって最大で0.6秒を失っていたと明らかにした。

ルイス・ハミルトンは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝をポールポジションからスタートしたが、マックス・フェルスタッペンに並ばれ、シケインで2台は接触し、リードを奪われた。

この時点でルイス・ハミルトンのレースは、トラックポジションとダメージの両方で悪化した。縁石でフロントウイングのエンドプレートを損傷した。

ルイス・ハミルトンは、レース序盤に他のマシンを抑えて2番手を維持したが、メルセデスF1はそのダメージよって最大で0.6秒が犠牲になっていたことを明らかにした。

しかし、メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンによると、問題は最終的に2つの方法で軽減されたと語る。

タンブレロシケインの損傷によってどれだけのパフォーマンスが失われたかを質問されたアンドリュー・ショブリンは「最初はかなり大きかった」と語る。

「その理由は、フロントウィングのフットプレートが完全に外れていなかったためだ。実際には、これらのパーツの空力パフォーマンスを測定するために使用する圧力タッピングによって保持されていた。そして、これがバタバタしている間、大きな損失を引き起こしていたので、オープニングラップで約0.6秒の影響を与えていた」

「最終的にフロントウィングのその部分は完全に外れた。それはルイスにとって実際にかなり良かった。ロスを半分にした」

「後で確認した感じでは0.2~0.3秒くらいだった。だが、それはインターミディエイトのスティント全体、そして、ミディアムタイヤのスティントの初期の部分で彼に影響を与えた」

「幸いなことに、彼が受けたダメージはそれだけだった。赤旗が出たとき、マシンのダメージを修復することが許可されたので、新しいフロントウィングを装着することができ、通常の状態に戻った」

ルイス・ハミルトンはスリックタイヤに交換するのに4秒かかった。アンドリュー・ショブリンは、マックス・フェルスタッペンからレースリードを奪うチャンスを奪ったピットストップについて説明した。

ピットストップについてアンドリュー・ショブリンは「我々が最高ではないと言っても過言ではない」と述べた。

「我々はピットストップで時間を失っている。そこは我々がしばらくの間焦点を合わせてきた分野だ。

「特に、ルイスのピットストップでは、ピットストップガンの1つに問題があった。次のストップでは、実際に別のガンに変更して問題は解決したようだったが、それだけでなく短いホールドもあった」

「ルイスが出ていく準備ができたちょうどそのタイミングで、(アントニオ)ジョビナッツィがピットレーンに入ってきたので、我々は彼を0.4秒ほど保持しなければならなかった」

「イモラでのレースで我々に影響を与えたいくつか特殊な事例があった。我々はそれらに取り組むつもりだが、長期的にはピットストップでもう少しタイムを見つけようとしており、クルーと機器で何ができるかを検討している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン