ハースF1チーム、2023年F1マシン『VF-23』のリバリーを1月31日に公開
ハースF1チームは、2023年F1マシン『VF-23』のカラーリングを1月31日に披露することを告知した。ハースF1チームは2023年F1マシンの外観を公開する最初のチームとなる。

他の多くのチームと同様にハースF1チームも最初に2023年版のカラーリングのみを披露するというアプローチを採用。『VF-23』の実車を公開する日付は設定していない。

2023年にハースF1チームは、ニコ・ヒュルケンベルグをケビン・マグヌッセンのチームメイトに迎え入れ、新しいドライバーラインナップでシーズンに入る。

ミック・シューマッハは、ハースF1チームが安定性をもたらす経験豊富なドライバーを求めてことで、2022年末に解雇された。

昨年、ハースF1チームは力強いスタートを切り、ケビン・マグヌッセンが開幕戦F1バーレーンGPで5位入賞を果たした。しかし、シーズンが進むにつれてトップ10フィニッシュはまれとなり、その結果がシーズンのベストリザルトにとどまった。

それにもかかわらず、シーズン全体でポイントを獲得できず、コンストラクターズチャンピオンシップの最下位に終わった2021年と比較して、はるかに成功を収めた。

2023年シーズンからマネーグラム(MoneyGram)を新たなタイトルスポンサーに掲げてマネーグラム・ハースF1チームとして参戦。マネーグラムのロゴは、昨年後半に先行してVF-22に登場している。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1マシン