ハースF1代表ギュンター・シュタイナー、著書『Surviving to Drive』を発売
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーが、2022年シーズンの舞台裏について執筆した著書『Surviving to Drive』を来年4月に発売する。

ギュンター・シュタイナーがカルト的なポジションを確立したNetflixのF1ドキュメンタリー『Drive to Survive』への揶揄いも込めたつけれた『Surviving to Drive』という題名の本では「妥協を許さず、非常に正直に、シュタイナーの比類のないスタイルで語られる」ことを約束している。

新しいF1レギュレーションの下でのハースF1チームの最初のキャンペーンは、冬季テスト中の危機から始まった。ロシアのウクライナ侵攻により、チームはスポンサーのウラルカリとロシア人ペイドライバーであるニキータ・マゼピンとの関係を断ち切らざるを得なくなった。

その後、ハースF1チームはケビン・マグヌッセンをチームに復帰させ、バーレーンでの開幕戦で見事な 5 位入賞を果たした。先月のブラジルでは、マグヌッセンがチームに史上初のF1 ポールポジションをもたらした。

しかし、ハースF1チームのシーズン前半は、ミック・シューマッハが犠牲になったクラッシュによっても特徴付けられ、シュタイナーは2023年のドライバー交代を検討せざるを得なくなり、ニコ・ヒュルケンベルグが2023年シーズンのケビン・マグヌッセンのチームメイトとして指名されたことで、その見通しは有効になった。

「チームプリンシパルがF1で経験しなければならない多くのことのいくつかを記録するという点で、今年以上にアクティブな年を選ぶことはできなかったと思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「これまで日記をつけようと思ったことはなかった。今年を振り返ってこの本で改めて精査し、ハース F1 チームで遭遇した多くの浮き沈みを振り返るのは楽しいことだ」
「最終的には、バーレーンでのケビン・マグヌッセンのポイント獲得復帰から、シルバーストンでのミック・シューマッハの初ポイント、ブラジルでのチーム初のポールポジション、そして、コンストラクターズチャンピオンシップでの8位フィニッシュまで最高の方がより際立っている。かなりのシーズンになった」

「我々をF1の戦いに戻してくれたのは、チーム全員の懸命な努力のおかげであり、ハースF1チームの一員であるすべての人たちの努力と献身には感謝してもしきれない」

「人々が2022年シーズンへのこの洞察を楽しんでくれることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース