ハースF1チーム代表 「ヒュルケンベルグはチームを前進させるための選択」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター シュタイナーは、2023年にニコ・ヒュルケンベルグと契約するというチームの決定について説明し、ヒュルケンベルグはチームを前進させることができるドライバーであると述べた。

ハースF1チームは11月17日(木)の朝、ニコ・ヒュルケンベルグの契約を発表。それは、2022年シーズンの終わりにミック・シューマッハと別れることを確認した直後のことだった。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にルノーで最後にフルタイムでレースを行った後、3シーズンの第一線を退いていた時期を経てF1に復帰する。

新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ニコ・ヒュルケンベルグはレーシングポイント/アストンマーティンで代役出場をしてきた。

35歳のニコ・ヒュルケンベルグは、180回以上のグランプリに出走しており、ギュンター・シュタイナーはミック・シューマッハよりも魅力的な選択肢になったと主張する。

「彼は長い間F1にいて、ミッドフィールドチームと長い間一緒にいたので、彼らがどのように機能し、どのように改善するかを知っている」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼がどこにいても、チームが常に進歩を遂げていることを見てきた。ここでも同じようにすることが目標であり、それがその選択に至った理由だ」

「もちろん、最初はより多くの人を考慮した。より多くの人から始めて、それから絞り込んでいった」

「その後、彼と一緒に仕事をした人々と話し合った結果、プレスリリースでも我々が前進するためと言ったが、ニコがチームと共に前進するために我々が望んでいる選択肢であることが明らかになった。

2022年の新世代F1マシンに焦点を当てていたハースF1チームは、困難な2021年シーズンに耐え、新人のシューマッハとニキータ・マゼピンと1年の大半をフィールドの後方で競い合った。

ミック・シュタイナーは、ポジティブな進行率に戻るように見えるため、ハースF1チームがドライバーとの経験を優先することは理にかなっていると語る。

「ミックはニコほどの経験を持っていないと思う。そして、チームを前進させるには経験が必要でした」とギュンター・シュタイナーは語る。

「ドライバーが将来に向けて準備ができていなかったと言いたいわけではない。将来が良くなるためには、チームもより良くなる必要がある」

「我々がこの場所にいることをミックのせいにしているわけではないが、チーム全体として、2018年に最初の数年間は良い進歩を遂げた。その年も前進することを目指したが、19年には停滞し、それから20年に落ち込んでいった」

「だから、我々は再び前に進む必要がある。以前にこれを行ったことのある経験豊富な人々とドライバーがいることはベストであり、彼らが他のチームで行った経験を我々のチームにもたらすことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニコ・ヒュルケンベルグ