ハースF1代表、ニコ・ヒュルケンベルグとすでに契約締結済との噂を否定
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、経験豊富なドイツ人ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグとの2023年のレース契約にすでにサインしていることを否定した。

シート喪失が噂されるミック・シューマッハは、ハースF1チームとの交渉の状況について「発表すべきことがあればもちろん発表するというのが現状だ」とシンガポールで語った。

ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、2023年の候補リストがまだ有効であることに同意する。

「我々のリストには、スーパーライセンスを持っているドライバーが含まれており、それらすべてを検討している」とギュンター・シュタイナーは Sky Deutschland に語った。

「ニコもその一人だ。だが、ミックもリストに残っている。そうでなければ、すでに決定を下していることになるからね。今後のチームにとってベストな決定が何であるかをまだ確認する必要がある」

ギュンター・シュタイナーは、彼とチームオーナーのジーン・ハースの審議の最終決定に「期限」はないと主張している。

ハースF1チームがファーストコンタクトであり続けているかと質問されたミック・シューマッハは「そこに新しいことは何もない」と Bild am Sonntag に語った。

進行中の不確実性がハースF1チームで不安を引き起こしているかと質問されたミック・シューマッハは「ノー。それが僕たちの気を散らすことはない」とコメント。

「チームは、僕に何ができるか、どこに行きたいかを知っていると思う。僕たちはすべてのデータを持っているので、事実はテーブルにある」

「プレッシャーは常に僕の人生とスポーツのキャリアの一部だった。そのプレッシャーを受け止めて、さらなるモチベーションと原動力に変えたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニコ・ヒュルケンベルグ / ミック・シューマッハ