ハースF1チーム代表、“白いフェラーリ”との揶揄も「何か問題でも?」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1ハンガリーGPで投入されたアップデート版VF-22が『白いフェラーリ』と揶揄される可能性があるとの主張に反論した。

今週末のF1ハンガリーGPでは、ケビン・マグヌッセンだけに待望のアップデート版の車が用意された。車の初期の写真は、エンジンサプライヤーのフェラーリの2022年マシンとの重要な視覚的類似性を明らかにしている。

しかし、ギュンター・シュタイナーは、ハースF1チームがフェラーリの空力コンセプトに触発されたことを公然と認めている。

「かなり多くのことがそうだと言えるだろう。何か問題があるか?」とギュンター・シュタイナーはEkstra Bladet に語った。

コピーで告発されることを予想しているかと質問されたギュンター・シュタイナーは「速くなると予想している」と反論。

「誰かが我々がコピーしたと言うならば、私なら『なぜウィリアムズをコピーする?』と言うだろう。尊敬を欠くつもりはないが、それはまったく異なるコンセプトであり、彼らは私たちよりも遅い」

「つまり、真似するなら最高のものを真似することになる。今はフェラーリとレッドブルだ」とギュンター・シュタイナーは主張した。

「我々はフェラーリと同じエンジン、同じギアボックス、同じサスペンションを持っている。彼らがレースに勝っているのになぜ他の人をコピーするのか? 1+1は依然として2だ」

ミック シューマッハは、ハースF1チームのスペアパーツを侵食するクラッシュが相次いだため、今週末のハンガリーで旧スペックの車を運転している。

しかし、ギュンター・シュタイナーは、旧スペックと新スペックを並べて比較することは有用だと主張する。

「車が本来の役割を果たしていることをデータで確認できることを願っている」とギュンター・シュタイナーは語った。

「新車と旧車を並べることができる。データが正しい選択をしたことを示している場合は、正しいセットアップを見つける必要がある」

「それが次のステップだ。ダウンフォースを可能な限りベストな方法で使用しなければならないからだ」

ハースF1チーム ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1ハンガリーGP