ハースF1チーム代表、マグヌッセン5位に「こんなストーリーは書けない」 / F1バーレーンGP決勝
ハースF1チームのプリンシパルであるギュンター・シュタイナーは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでケビン・マグヌッセンが目覚ましい5位フィニッシュでF1復帰戦を飾った後、「こんなストーりーは書けない」と興奮気味に語った。

2018年にコンストラクターズチャンピオンシップで5位を獲得したハースF1チームだったが、その後はコース外での困難によって成功を繰り返すことができず、2年間はグリッドの後方に沈んでいた。

今年もシーズン開幕前にロシアのウクライナ侵攻によってタイトルスポンサーを失うという混乱があり、これらの困難は今シーズンも続くように思われたが、代わりにハースF1チームは2016年以来のベストフィニッシュを祝うことになった。

「この感覚は恋しく思っていた」とギュンター・シュタイナーはSky Sports F1に語った。


「チーム全体が成し遂げてことだ。過去2年間について考えれば、このようなカムバックを果たすことは、私の意見ではこのようなストーリーを書くことはできない」

「過去2年間、レーストラックにいた男たちは、大変な時期を過ごしましたが、冷静さを失わず、学んできたし、ピットストップは良かった。すべてが順調だった」

「彼らはより良い車の準備をするために昨年を我慢して受け入れ、今年良い車を届けた。すべてチームのおけげだ。彼らは私をとても誇りに思ってくれている。私は彼らを誇りに思っている」

「とにかく素晴らしい。これ以上言うことはできまい。だが、すべてチームのおかげだ」

2020年シーズンの終わりにF1を離れていたケビン・マグヌッセンは、F1が開幕する前週の水曜日にニキータ・マゼピンの後任として発表された。土壇場でのF1復帰を考えれば、マグヌッセンの走りは特に注目に値するものだった。

「ケビンは素晴らしい仕事をした」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼にとって、このようなカムバックは夢にも思わなかったと思う」

「だが、人生で物事は起こるものだ。1か月前はまったく別のシナリオだったが、今では突然5位になった」

「彼は車の運転方法を分かっている。我々が彼を復帰させたのには理由がある。我々はそれについても少しの信用を望んでいる」

「別のドライバーが必要だとわかったとき、そうするのが正しい選択だったと思った。戻ってきた彼はエネルギーに満ち溢れている、彼が14ヶ月間F1カーを運転しなかったことを考えなければならない。さらにスペクタクルなことだ」

ケビン・マグヌッセンのチームメイトであるミック・シューマッハも、11位でポイントをわずかに逃したが、F1レースでのベストフィニッシュを記録した。

「ミックはポイントに近づいていた。ミックは最初は少し貧弱だったが、それでも、彼はそこの空気に慣れる必要がある」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼はそれに慣れるだろう、そして、彼にとってそれは良いポジションだ。彼は今このレースを分析することができ、ポイントに到達するために違ったことができなかったかに目を向けることができる」

「だが、彼はポイントに近づいていた。それは、彼のベストリザルトでもある。ここからは彼はもうポイントに飢えていると思う」

ハースF1チーム 2022年バーレーングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1バーレーンGP