ハースF1代表 「シューマッハはフェラーリでラッセルのように活躍できる」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハがリザーブドライバーとしての任務を移行する必要がある場合、フェラーリF1にステップアップする準備はできており、2022年のメルセデスでのジョージ・ラッセルの印象的な代役をエミュレートできると考えている。

ミック・シューマッハは、2022年のフェラーリF1の2人のリザーブのうちの1人を務めることが12月に発表された。これは、ハースF1でのフルタイムのレースシートと並行して果たす役割となる。

ミック・シューマッハが、フェラーリF1に乗ることを求められた場合、ピエトロ・フィッティパルディが一時的にハースF1でミック・シューマッハの代役を務める。

ミック・シューマッハは、しばらくの間フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)に所属しており、ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、これはシューマッハにチームに何かを返す良い機会を提供すると感じている。

「マッティア(ビノット/フェラーリF1チーム代表)からそれが可能かどうか尋ねられたとき、私は『当然、それは可能だ』と言った」とギュンター・シュタイナーはRacingNews365.comに語った。

「結局、彼はFDAのドライバーなので、なぜそれが不可能なのだろうか? 彼はフェラーリに長い間サポートされていたので、ミックにとっては良いことだと思う」

「今、フェラーリは何かを取り戻す必要がある。そして、もちろん、フェラーリは我々を助けてくれている。それは我々がパートナーとしてやってきたことだ」

「我々はピエトロを手に入れた。ミックが他の誰かのリザーブドライバーを務めなければならない場合、それは彼にとって別の機会なので、ピエトロは幸せだ! 問題はない」

ギュンター・シュタイナーは、フェラーリとフルタイムでレースをする機会が与えられれば、ミック・シューマッハの役割が彼の将来にとって有益であることが証明される可能性があると考えている。

「彼がフェラーリにたどり着くかどうかは、私には分からない。私には決められない。だが、すでに良い道を歩んでいると思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼が今すぐ彼らが望んでいる方法でいくつかのことをしなければならないのは確かだ。彼らは彼のためにシートなどすべてのものを作る。いつか彼が彼らのためにドライブ売ることになった場合、そこにいる人々のことを学ぶ」

「それは誰にとってもネガティブなものはないと思う。ほとんどすべての人にとってポジティブなものだと思う」

ミック・シューマッハが2022年にフェラーリでシャルル・ルクレールまたはカルロス・サインツの代役を務めるよう求められた場合、ギュンター・シュタイナーは挑戦の準備ができていると確信していると語る。

彼は、2020年のF1サヒールGPでジョージ・ラッセルが新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役を務めたときのように、ミック・シューマッハが同じレベルでパフォーマンスを発揮できない理由はないと考えている。

ミック・シューマッハは、フェラーリF1に乗り込む準備はできているかと質問されたギュンター・シュタイナーは「そう言っていいだろう」とコメント。

「この男は、ハースで1年間過ごした。彼は自分の道をかなりうまく見つけている。彼は、フェラーリの人々を知っている」

「彼がフェラーリにいるとき、彼はどれほど良い仕事をしているか? 私にはわからない。しかし、ジョージ・ラッセルが(F1での2年目で)メルセデスに飛び込んだときのことを見てほしい。それは同じことであり、ジョージは素晴らしい仕事をした」

「機会が与えられれば、ミックは同じようなことをすることができると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース