ハースF1代表、2人のルーキー起用は「子供を持つようなものだった」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2021年にミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンという2人のルーキーを走らせることは“子供を持つ”ようなものだったと話した。

ハースF1は、4シーズンに渡ってロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンを起用して生きたが、2022年は主に財政的な理由によって、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンという2人の新人を起用することを決断した。

そして、資金面の問題もあり、ハースF1は、2021年F1マシンの開発を行わず、2022年に完全に焦点を当てることを選択。それによって、2人のルーキーは最後尾争いを強いられ、コース上で定期的に衝突し、メディアを介して厳しい言葉を交換した。

ギュンター・シュタイナーは、2人のルーキーを雇うというアプローチは、シーズンを通してその挑戦なしには成し遂げられなかったと明かす。

2人のルーキーを起用する挑戦について質問されたギュンター・シュタイナーは「どれくらい時間がある?」と冗談交じりに答えた。

「学ばなければならないことがたくさんあったと思う。最も簡単に説明すれば、子供を持つようなものだった」

「彼らが子供だと言っているわけではないが、彼らにとってはすべてが初めてのことだ。彼らと一緒に仕事をする方法を学ばなければならない」

「通常、若手とベテランがいる場合、それは自動的に行われる。だが、F1にまったく慣れていない2人のドライバーがいると、あらゆることにおいて、うまく管理するやり方を考えなければならなかった」

「それは経験となった。今年(2021年)は2人ともに大きな進歩を遂げたと思う。それは良いことであり、経験でもあった」

ギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの緊張関係が加熱するのを止めるために介入を躊躇することは決してなかった。

「全体として、誰もが我々が進歩したことを目にすることができると思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「我々は夏休み前に問題を抱えていた。問題はかなり片付いたようだ。常に再び問題が燃え上がる可能性はある。だが、それは不安定な炎であり、常に燃えているわけではない」

「私にとっては経験だったが、簡単な経験ではなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース